徹底比較!戸建vsマンション【テスコーポレーション】    

住宅ローンが払えない!任意売却無料相談!最善の解決方法をご提案いたします!

株式会社テスコーポレーション

徹底比較!戸建vsマンション

徹底比較!戸建VSマンション

「戸建とマンション、どっちがいいですか?」

この質問は不動産を購入しようと動き出して間もない方から、よく受ける質問のうちの一つです。

この質問に答えはありません。まずはどういった家に住みたいのかを、あれこれ考えることから始めるといいと思います。ほとんどの方が一生に一度の高い買い物です。

希望と期待を持って探してください。

これから、それぞれのメリットについて説明しますので、これらも参考にご家族でどちらが合っているかを検討してみてください。

戸建てvsマンション

執筆者:家原哲生
株式会社テスコーポレーション 営業主任
宅地建物取引士・2級ファイナンシャル・プランニング技能士

家原哲生

徹底比較!戸建VSマンション

  ▷メリット比較
  ▷資産価値比較
  ▷徹底比較!戸建vsマンション まとめ

メリット比較

戸建のメリット

①音を気にしなくていい

戸建住宅は建物が独立しているので、マンションのように上の階の住民、下の階の住民、両隣の住民への気配りは不要です。

もちろん、音の度合いや住んでいる方にもよるので、全く問題がないというわけではありませんが、マンションと比較すると歴然だと思います。

また、プライバシーは確保しやすいと思われます。

②建て替え、リフォームがしやすい

マンションだと管理規約に従わないといけないため、建て替えすることはほとんどありませんが、非常にハードルは高いです。

リフォームにしても、規約による制限、構造上の制限があったり、上下両隣に同意を得なければなりません。

厳しいところは上下3階部分までの確認を必要とするところもあります。

それと比較して戸建の場合、部屋を1つ増やしたりと、自由度の高いリフォームが可能ですし、もちろん近隣住民の同意も不要です。

取り壊して、建て直すこともできるのが大きな魅力のうちの1つだと思います。

③駐車場が無料

駐車スペースがあることが前提ですが、マンションと違って利用するのに費用は別途かかりません。

例えばマンションの駐車場代が月額1万円の場合、年間12万円、35年で420万円かかります。車を2台所有している場合、1台は敷地内に借りれても、2台目は敷地外の月極駐車場を利用しなくてはならないケースが多いです。

そのため、2台以上車を保有されている方は戸建を希望される方が多いです。

④管理費・修繕積立金がない

マンションでは必ずといってもいいくらい管理費・修繕積立金が発生します。

エリアやグレードによって変わりますが、合わせて2万円位が目安になると思います。

この費用がかかるから戸建を希望される方も多いです。

ただ、修繕については、長く使用されるのであれば、当然、戸建にも必要な費用となります。

それをまとめて払うか月々払うかの違いだと思います。コツコツ修繕費用を貯める自信がなければ、マンションの方がいいかもしれません。

⑤広い

マンションの場合、間取りは3LDKで70㎡が主流ですが、戸建の場合、4LDKで90㎡以上が主流と思われます。

階段スペースを除いても戸建の方が広いです。

お子様が2人いると子供に各部屋も割り当てられ、夫婦それぞれの部屋も確保しやすくなります。

自分の部屋へのこだわりの強い方には戸建が向いているかもしれません。

マンションのメリット

①立地が良い

戸建よりも駅に近い物件は充実しており、利便性が高いです。

戸建の場合だと、駅に近くても狭小だったり、高かったり、満足度の高いものを探すと予算がオーバーするケースが多いです。

マンションだと駅から直結で雨の日でも濡れずに駅から部屋まで行ける物件も中にはあります。

電車利用が多いせいか、駅から近いマンションは、駐車場の空きが多く見受けられます。

②セキュリティが高い

マンションの場合、小さいお子さんがいるご家庭では、セキュリティ面で安心だからという理由でマンションを選ばれる方もいます。

戸建でセキュリティを充実される場合、「セコム」などの警備会社と契約したりする場合が主流ですが、それなりの費用がかかります。

マンションの設備では以下のものがあります。

・オートロック

自宅部分のカギだけでなく、マンションのエントランス、厳しいところはエレベーターホールにもあり、二重三重のセキュリティが充実しています。

・管理員・警備員

昼間に一人の管理員が清掃・管理を行うところが主流ですが、同時に複数の管理員で管理したり、夜間は警備員がいたり、24時間体制での有人管理をするマンションもあります。

・プレイロット(敷地内公園)

数棟で構成されているような大規模マンションでは部外者が侵入しにくい公園や遊具などがあり、安心して子供を遊ばせることができます。

・宅配ボックス

不在時に届いた宅配物を預かってくれる設備はマンションの標準設備になってきています。

③ワンフロアで生活ができる

戸建に住まれている年配の方が、駅に近いマンションに住み替えるケースがよくありますし、そのことを見越してマンションを選ばれる方もいます。

洗濯機が1階で2階のベランダに洗濯物を干すことが多いですが、洗濯物を持って2階に行くのが年々しんどくなるとよく聞きます。

マンションは生活導線がスムーズで家事が戸建に比べて楽です。

④眺望が良い

低層階だとこの恩恵はあまりありませんが、たまに話題になるタワーマンション上層階ともなると戸建では味わえない眺望を得ることができます。

お部屋によっては日当たりや風通しがよく、夏場でもクーラーはつけないという方もいらっしゃいます。

また、戸建より気密性が高い建物なので、冬場は光熱費も安くつくとも聞きます。

資産価値比較

資産価値の評価としては、売却時の価値、収益としての価値と見方はありますが、今回は売却時の価値で見てみます。

まず、土地と建物に分けて考えてみます。

土地

戸建の場合、まとまった土地を所有できます。

マンションの場合、土地の所有権もありますが、どこからどこまでが自分の土地というのはわかりません。

ただ、マンションの敷地の「1万分の100」など割合で自分の持ち分を確認できます。

土地は経年劣化によって、価値が下がるものではありません。

そのため、長期間保有するのであれば、まとまった土地のある戸建の方が有利と思われます。

建物

戸建住宅の耐用年数(木造)は22年、マンションの耐用年数(鉄筋コンクリート造)は47年とされています。

最近は寿命が100年以上といわれる「長期優良住宅」も登場していますが、築20年を超える戸建住宅を販売する場合、ほとんど土地の値段になることが多いです。

そのため、建物はマンションの方が資産価値は落ちにくいです。

徹底比較!戸建vsマンション まとめ

戸建とマンションでは資産価値はそれぞれ違う速度で落ちていきますので、どのタイミングで売却するかによると思います。

5年、10年と短期間で売却するなら、価値が落ちにくいマンションがいいと思いますし、30年、40年と長期保有するのであれば、価値が下がりにくい、まとまった土地のある戸建の方が有利と思います。

戸建の場合、ローンも払い終わって、建物を取り壊して子供が建物の費用だけで新築を建てることもあります。

こういった将来の利用価値を見込めるところがポイントになります。

マンションの価値は土地・建物の価値だけでなく、立地のポイントが大きいです。

都心や地方でも駅直結などの好立地だと購入時よりも高い金額で売却できたりしますので、マンション購入時は立地状況はよく見るべきポイントになります。

たまに、こだわりの強い間取りの住宅を見ることがあります。

マンションであれば、90㎡ほどの専有面積で広いリビングのある1LDKの間取りであったり、戸建であれば、部屋に大きなバイクが出入できるようになっていたりと、当人が住む分にはとても魅力的な住宅ですが、市場に出したときには、個性が強めの住宅はなかなか買い手がつきにくいものです。

リフォームするからその分、価格を下げて欲しいとの交渉はよくあります。

後々売却することを考えているのであれば、その辺りのことも気にされた方がいいかもしれません。

↓お急ぎの方はまず電話で無料相談↓

会社概要 メニュー

住宅ローンが払えない!住宅ローン滞納・延滞解決! 競売回避! 差押解除!

無料相談承ります!最善の解決方法をご提案!

0120-978-777【電話】年中無休 9:00~22:00 / 【メール】年中無休 24時間受付

任意売却はお任せください!

東京・神奈川・千葉・埼玉

ご相談者様に寄り添った任意売却

                   

創業29年の信頼と実績

株式会社テスコーポレーション

無料相談 お問い合わせフォーム

下記の項目よりお気軽にお問い合わせください。

お名前
都道府県
市区町村
メールアドレス
電話番号 - -
お問合わせ内容


お問い合わせ