住宅ローンが払えない!任意売却無料相談!最善の解決方法をご提案いたします!

株式会社テスコーポレーション

住宅金融支援機構 任意売却

住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)の任意売却について

住宅ローンにおいて、フラット35等の住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)の住宅ローンを組まれている方は多くいらっしゃると思います。

その住宅ローンが払えないとなったとき、督促等が頻繁になってきて、銀行担当者から任意売却を検討することを進められることがございます。その際は、信頼できる任意売却業者を仲介にして、住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)に任意売却の申出をすることになります。

住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)は任意売却に応じてもらえるかなどの不安もあるかと思いますが、住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)のホームページの抜粋をご紹介します。

融資住宅等の任意売却

住宅金融支援機構におきましては、返済の継続が困難となり、お客さまのご事情からやむなく返済継続を断念せざるを得ない場合には、融資住宅等の任意売却をすることで残債務を圧縮していただくこともご検討いただいています。

任意売却は、不動産競売のように法的手続による強制的な物件処分ではないため、お客さまはもとより、仲介業者のみなさまにも円滑な任意売却の実施に向けてのご協力が必要となります。

任意売却手続の概要につきましては、以下のとおりです。なお、具体的な手続につきましては、当方(機構並びに機構の業務を受託する金融機関又は債権回収会社のことをいいます。以下同じ。)までお問合せください。

任意売却をお勧めする理由

1、通常の不動産取引として売買されるため、一般的に競売より高値で売却できることが期待され、お客さまの負債の縮減につながります。

2、任意売却パンフレットに定める手続にご協力いただける場合、お客さまの状況により売却代金から不動産仲介手数料、抹消登記費用等を控除できる場合があり、また、お客さまの残債務の状況等により延滞損害金減額のご相談に応じられる場合があります。

3、裁判所による手続である競売と比べると、ご自宅の引渡時期についての調整がしやすく、ご自宅退去後の生活設計が立てやすくなります。

となっており、基本的には任意売却および任意売却後の債務圧縮に協力してもらえます。
弊社は、住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)の任意売却に数多くの実績がございます。

 

住宅金融支援機構(フラット35)における任意売却をご紹介します。

 

任意売却って、何?

 

住宅金融支援機構(旧:住宅金融公庫)で住宅ローン(フラット35)をお借入れの方で

「住宅ローンが払えない!」

「住宅ローン滞納・延滞・遅延」

「不動産差押、競売」

でお悩みの方

この度は、当ホームページをご覧いただき有難うございます。

不動産(戸建、マンション)を購入された時、住宅ローンを35年間の「月々〇万円(返済期間と返済金利)の返済」と住宅金融支援機構と住宅ローンを契約されたここと思います。

皆さま購入時は、無理のない支払方法として金利が変わらない返済を選ばれたことでしょう。

しかし、家族環境の変化、収入面の変化、体の不調等、様々な理由で月々の

「住宅ローンが払えない!」となった場合、

住宅金融支援機構は残っている住宅ローンの全額を一括で返済することを要求してきます。

残債務を一括で返済できない場合、住宅金融支援機構は担保となっている自宅を強制的に売却するよう裁判所に申し出をします。

これがいわゆる「競売」です。

競売になった場合、強制退去、残債務が多く残ってしまった等、多くのデメリットがあるといわれます。

その多くのデメリットを、解消、または軽減するのが「任意売却」という売却方法です。

「任意売却」とは、住宅ローン等の借入金が返済できなくなった場合、売却後も住宅ローンが残ってしまう不動産を金融機関の合意を得て売却する方法です。

「任意売却」は「競売」よりも残債務の圧縮になり、自己費用も必要ありません。
お引越しの費用を出していただけるケースもあります。

住宅金融支援機構 任意売却の流れ

住宅ローンの滞納前

住宅ローンの支払いが苦しくなってきている。支払えなくなりそうなど、滞納前であってもご相談はじめ任意売却をお受けいたします。
住宅金融支援機構も滞納前であっても任意売却をしなければならない事情がございましたら任意売却を受けます。
例えば、

・住宅ローンは滞納してないが、税金の滞納があり差押が入って処理ができない。
・住宅ローンは滞納してないが、マンションの管理を滞納してしまって競売になってしまう
・住宅ローンは滞納してないが、他の債務で法的処理を考えている。

等々がございます。

任意売却は早めの相談が功を奏します。

例えご相談をお受けして、任意売却に至らなくとも、ご相談料は一切かかりません。
ご質問等、何なりとお申し付け下さい。

住宅ローンを滞納してしまったら

>滞納当初、住宅金融支援機構の窓口となっている金融機関から、電話やメールで支払いの通知来ます。

滞納が2回目となりますと、支払いを催促する督促状が送付されてきます。

滞納が3回目、4回目になりますと、督促状も強い文面に変わってまいります。

 

金融機関によって違いますが、3回目以降、金融機関の担当窓口から回収窓口やサービサーの回収半に任せる場合がございます。

滞納が5回目になりますと、督促状から催告書に変わってまいります。

催告書は、金融機関によって違いますが、

・期限の利益の喪失予告通知
・競売予告通知
・支払期限通知「〇月〇日までに、滞納元金及び利息〇〇円を入金してください。また、大至急担当へ連絡してください」

等々になり、文面も非常に厳しいものになります。

 

滞納が6回になりますと、期限の利益の喪失になり、期限の利益の喪失通知が送付されてきます。

 

期限の利益が喪失以後は、住宅金融支援機構は回収業務を

住宅債権管理回収機構
日立キャピタル債権回収
エムユーフロンティア債権回収

の何れかに委託し、実質、委託を受けた会社が債権回収にあたります。

※ローンの仕組み

期限の利益を喪失してしまったら

債権回収の委託会社より、任意売却パンフレット一式、任意売却の申出書等が送付されてきますので

信頼と実績のある任意売却業者を選定し、任意売却申出書を債権回収委託会社に提出します。任意売却の申出書の提出が、「競売」の申立て前であれば、 任意売却の販売期間を6ヶ月間設けてもらえます。

住宅金融支援機構の任意売却に関する申出書 ※住宅金融支援機構発行の任意売却パンフレット抜粋 1「任意売却の申出書」の提出任意売却の手続きに入る前に、「任意売却の申出書」を当方に提出していただきます。なお、仲介業者は、原則としてお客さま自らで選定していただきます。 ※住宅金融支援機構発行「任意売却に関する申出書」抜粋  私(債務者又は連帯保証人)は、独立行政法人住宅金融支援機構※(以下「機構」といいます。)に対する残債務の支払いが困難になったので、当該債務に関わる担保不動産を売却することとし、売却代金を機構への支払いに充てることを申し出ます。したがって、全額繰り上げ返済償還請求をまだ機構が行っていない場合には、期限の利益を放棄※します。 売却代金によって残債務を完済できないことも考えられますが、破産申立てを行わない場合には、残債務について可能な範囲で弁済することを機構と協議させていただきます。 なお、任意売却に当たっては、機構の任意売却パンフレットに定められた内容を理解し、住宅を出来るだけよい状態にして広く買い手を探すよう心掛け、少しでも高値で売却するよう努力いたしますので、残債務を完済できない場合には、延滞損害金を減額又は免除していただくようあらかじめお願いします。 私(担保提供者)も、担保提供した売却に同意します。 併せて、私達は下記事項についても同意します。

 

 

決済までのスケジュール

任意売却の申出書から任意売却完了までの大まかなスケジュールです。

申出書の提出~販売開始~販売価格の推移

申出書の提出後、調査等を経て査定書を提出したら、回収委託会社から販売価格の支持が来ますので、その価格で販売を開始します。

その後、当初の販売価格で買い手が見つからない場合、販売状況報告を経て販売価格の調整をします。

住宅金融支援機構 販売活動状況報告書
1ヶ月間の
販売活動の内容
引合状況
等の詳細を記入し、債権者へ提出します。
 
※住宅金融支援機構任意売却パンフレット抜粋
「販売活動状況報告書」の提出

 仲介業者は、購入希望者が現れるまでの間は、毎月1回「販売活動状況報告書」を当方に提出してください。

 なお、売出価格の変更を希望する場合は、「販売活動状況報告書」の価格見直し理由等欄に、販売活動状況の詳細な理由及び状況説明を記入してください。

 

契約から決済まで

購入者が決まった際は、債権回収委託会社を通して住宅金融支援機構に、購入希望者報告書、売却予定価格・控除費用明細書を提出し、控除費用の応諾を得ます。

住宅金融支援機構 購入希望者報告書

※住宅金融支援機構 任意売却に関するパンフレット抜粋
 
 購入希望者があらわれたときは、仲介業者は、当方の売出価格の確認通知の有無に応じて、次の書類を当方に送付してください。
 なお、抵当権抹消の可否についての通知までには、1週間程度の期間をいただきます。

(1)当方が売出価格の確認通知を行っている場合
ア 購入希望者報告書
イ 売却予定価格・控除費用明細書
ウ 不動産購入申込書
エ 控除費用を疎明するための残高証明書・明細見積書等
オ 最新の登記事項証明書
  ※販売開始後に新たな利害関係人が判明した場合のみ
カ 販売活動状況報告書
  ※購入希望価格が直近の売出価格以上の場合は省略することができます 

住宅金融支援機構
売却予定価格・控除費用明細書
※住宅金融支援機構 任意売却のパンフレットより抜粋
 
お客さま氏名(売主)
物件所在地
売却予定価格

控除費目
仲介会社手数料
抵当権抹消登記費用
滞納管理費・修繕積立金(マンションのみ)
後順位抵当権者に係る抵当権抹消応諾費用(ハンコ代)
差押債権者に係る差押解除応諾費用
その他(引越し代が認められるときは引越し代等)
(※最近、住宅金融支援機構は引越し代の控除を認めておりません)
 
添付資料
控除費用を疎明するための残高証明書・明細見積書
抵当権抹消登記費用見積書
滞納管理費・修繕積立金の滞納残高明細書
後順位抵当権者の残高明細書
差押債権明細書

全ての債権者、差押債権者等に応諾費用、控除費用等の応諾がいただけたら契約になります。

契約も通常の不動産売買と違い、任意売却ならではの特約等ございます。 無事契約が済みましたら、決済までにお引越し等をしていただくことになります。 決済・引渡しの調整は、売主様、買主様、各債権者、差押債権者、司法書士、利害関係人の日程調整及び最終配分案の確認等取らせていただきます。

  

決済後の残債務

住宅金融支援機構の場合は、決済(引渡し)前に生活状況確認票が郵送されてきます。

その生活状況確認票を記入し事前郵送して、残債務の分割支払いの取決めを決済日に行います。

通常は、月々30,000円前後の支払いを求めてきますが、あくまでもお支払できる範囲ですので、月々5,000円、月々10,000円の支払い約定で決まることもございます。

生活状況確認票は、勤務先、家族状況、世帯収入、今後の返済方法等の記入欄があります。
※生活状況確認票 参考

以上が、住宅金融支援機構の任意売却の流れになります。

住宅金融支援機構の任意売却 自己破産について

自己破産のご相談

任意売却後の残債務が多く残ってしまった場合や分割返済のお支払が苦しい場合もご相談ください。

自己破産等、提携の弁護士をご紹介いたします。

住宅金融支援機構の任意売却 自宅にずっと住み続けたい

ご自宅にずっと住み続けたいという方もリースバック親子間売買の手段がございます。
リースバック 図解説明

親子間売買 図解説明

「住宅ローンが払えない!」となった時、

「任意売却」「競売」よりも有利な条件の販売方法と言われています。

私どもテスコーポレーションは創業以来、住宅金融支援機構の任意売却の多様なご相談を数多くお受けしております。

任意売却は通常の不動産売却とは異なり、細かい知識と多くの経験が必要です。

ご相談は豊富な実績ある相談員が無料にてご対応させて頂きます。

ご相談いただきましたら、「任意売却」に限らず、返済条件の変更が可能なのか、

「任意売却」をするべきなのか、ご相談者さまのご状況、ご希望をお伺いしたうえで、

最善の解決方法をご提案いたします。

「任意売却」

にならざるを得ない場合でも、任意売却の流れや注意点について丁寧にご説明させて頂き、ご希望に添えるよう債権者交渉、任意売却後の安定生活まで尽力いたします。

私どもテスコーポレーションの想いは

ご相談者さまに寄り添った任意売却」です。

「住宅ローンが払えない!」と将来への不安等ご苦労されていると思います。

「督促状が届いた」等の内容確認や、その他簡単なご質問でも結構です。

引越し先もなく今後の見通しも立たなくなる前に、ひとりで悩まず、是非、ご相談ください。

ご相談は、無料にて承ります。

任意売却無料相談対応エリア

東京都 任意売却無料相談対応エリア

東京23区(都内)

港区・新宿区・品川区・目黒区・大田区・世田谷区・渋谷区・中野区・杉並区・練馬区・台東区・墨田区・江東区・荒川区・足立区・葛飾区・江戸川区・千代田区・中央区・文京区・豊島区・北区・板橋区

多摩地域

北多摩地域(17市)

立川市・武蔵野市・三鷹市・府中市・昭島市・調布市・小金井市・小平市・東村山市・国分寺市・国立市・狛江市・東大和市・清瀬市・東久留米市・武蔵村山市・西東京市

南多摩地域(5市)

八王子市・町田市・日野市・多摩市・稲城市

西多摩地域(4市)

青梅市・福生市・羽村市・あきる野市

西多摩郡(3町1村)

瑞穂町・日の出町・檜原村・奥多摩町

申し訳ございません。
東京都島嶼部(とうきょうととうしょぶ)は、エリア対象外です。

神奈川県 任意売却無料相談対応エリア

横浜地域

横浜市(18区)

鶴見区 – 神奈川区 – 西区 – 中区 – 南区 – 港南区 – 保土ケ谷区 – 旭区 – 磯子区 – 金沢区 – 港北区 – 緑区 – 青葉区 – 都筑区 – 戸塚区 – 栄区 – 泉区 – 瀬谷区

川崎地域

川崎市 (7区)

川崎区 – 幸区 – 中原区 – 高津区 – 宮前区 – 多摩区 – 麻生区

横須賀三浦地域

横須賀市・鎌倉市・逗子市・三浦市・三浦郡 ・葉山町

県央地域

相模原市(3区)緑区 – 中央区 – 南区
厚木市・大和市・海老名市・座間市・綾瀬市・愛甲郡 ・愛川町・清川村

湘南地域

藤沢市・平塚市・茅ヶ崎市・秦野市・伊勢原市・高座郡 ・寒川町・中郡 ・大磯町・二宮町

県西地域

小田原市・南足柄市・足柄下郡・箱根町・湯河原町・真鶴町・足柄上郡 ・中井町・大井町・松田町・山北町・開成町

千葉県 任意売却無料相談対応エリア

中央地域

千葉市・中央区・花見川区・稲毛区・若葉区・美浜区・緑区
市原市・佐倉市・習志野市・八千代市・四街道市・八街市・東金市・大網白里市

西地域

市川市・船橋市・浦安市・鎌ケ谷市・松戸市・柏市・我孫子市・流山市・野田市・成田市・白井市・印西市・印旛郡 ・酒々井町・栄町

東地域

富里市・香取市・旭市・銚子市・匝瑳市・香取郡 ・神崎町・多古町・東庄町

南地域

茂原市・勝浦市・山武市・いすみ市・館山市・木更津市・鴨川市・君津市・富津市・袖ケ浦市・南房総市・山武郡 ・九十九里町・芝山町・横芝光町・長生郡 ・長生村・一宮町・睦沢町・白子町・長柄町・長南町・夷隅郡 ・大多喜町・御宿町・安房郡 ・鋸南町

埼玉県 任意売却無料相談対応エリア

さいたま地域

さいたま市西・北区・大宮区・見沼区・中央区・桜区・浦和区・南区・緑区・岩槻区

南部地域

川口市・蕨市・戸田市

県央地域

上尾市・桶川市・北本市・鴻巣市・伊奈町

南西部地域

朝霞市・新座市・志木市・和光市・富士見市・ふじみ野市・三芳町

東部地域

春日部市・草加市・越谷市・八潮市・三郷市・吉川市・松伏町

西部地域

所沢市・飯能市・狭山市・入間市・日高市

川越比企地域

川越市・坂戸市・鶴ヶ島市・毛呂山町・越生町

川越比企地域(東松山事務所管内)

東松山市・滑川町・嵐山町・小川町・川島町・吉見町・鳩山町・ときがわ町・東秩父村

北部地域

熊谷市・深谷市・寄居町・本庄市・美里町・神川町・上里町

利根地域

行田市・加須市・羽生市・久喜市・蓮田市・幸手市・白岡市・宮代町・杉戸町

秩父地域

秩父市・横瀬町・皆野町・長瀞町・小鹿野町

お問い合わせいただき、ご面談の運びとなりましたらご都合の良い日時と場所をご指定下さい。

ご面談場所候補

ご相談者様ご自宅

面談させていただく上で一番良い場所です。ご自宅の状況も拝見できますし、ご相談者様にお出かけのお手間を取らせません。
担当者がご指定の時間に伺います。ご家族に内密なご相談でしたら、他所をご指定下さい。

ご相談者様最寄り駅のファミリーレストラン等

お出かけのお手間はあまり取らせませんが、予約等が出来ない為、待つ場合がございます。

主要駅会議室

各主要駅等において、貸し会議室と提携しております。
予約が出来静かな場所でご相談を承れます。
但し、予約状況でご指定の日時にお取りできない場合がございます。

豊島区池袋の弊社事務所

もちろん弊社事務所にご来社いただいても一向に構いません。

任意売却無料相談の解決事例

 

離婚の任意売却解決事例

  • 元妻が住むローンとの二重払いが・・・
  • 離婚して自暴自棄になり、住宅ローンを滞納・・・
  • 離婚し、家は空き家に、共有名義だったため・・・
  • 離婚後、住宅ローンが残ってしまい・・・
  • 離婚し、元夫が住宅ローンを払う約束だったのに・・・
  • 共有持分で買った家を、妻が出て行ってしまって・・・
  • 十数年前に分かれた主人の連帯保証人で・・・
  • 公正証書も作成したのに元妻が出ていかない・・・
  • 離婚したのに、転居費用がなくて・・・
  • 離婚してギリギリの生活、住宅ローンが払えない・・・

 

失業・転職の任意売却解決事例

  • 転職後に収入が下がり・・・
  • 経営している会社が取引先の倒産のあおりを受けて・・・
  • リストラにより転職・・・
  • 定年までに完済予定だったが・・・
  • 不景気で会社の経営が立ち行かなくなって・・・
  • 知人に会社のお金を持ち逃げされて・・・
  • 所得をごまかして住宅ローンを組んだのですが・・・
  • 経営者が変わって、収入が激減・・・
  • 固定資産税の滞納・・・住宅ローンも・・・
  • 収入激減の主人に売却を説得して・・・

 

病気・事故の任意売却解決事例

  • 病気で仕事ができなくなり・・・
  • 治療費を優先、ローンを後回しにしていたら・・・
  • 胃がんを患い休職しています・・・
  • うつ病が悪化し・・・
  • 交通事故を起こして・・・
  • 足を悪くして退職・・・
  • 腎臓を悪くして退職・・・そして、離婚・・・
  • 難病にかかって、多重債務に・・・
  • ガンで療養中で無職・・・
  • 体調を崩し退職・・・住宅ローンの滞納4回・・・

 

親子間売買・親族間売買の任意売却解決事例

  • 不況のあおり・・・なんとかこのまま住み続けたいが・・・
  • 年金だけでは支払えず・・・
  • 会社が倒産・・・自宅だけは手放したくないが・・・
  • 退職金が半減・・・住宅ローンがはらえず・・・
  • 息子ならローンの返済ができるが・・・
  • 妻の医療費の負担が・・・
  • 子供の学校区なので・・・
  • リスケジュール中ですが・・・
  • 主人に内緒で、姉に買ってもらうことは可能?・・・
  • 滞納してしまいました・・・娘に・・・・・・

 

多重債務が原因の任意売却解決事例

  • ちょっとの借り入れがいつのまにか・・
  • 独身の時に購入した投資用マンションが・・・
  • 順調だった投資用マンションが・・・
  • 投資用アパートを悪質業者から買ってしまった・・・
  • 知らない間に妻が多重債務者に・・・
  • 年々売り上げが落ち込み・・・
  • 妻に任せっきりで気付いたら・・・
  • 弁護士の紹介で・・・
  • 妻に内緒で借り入れを・・・
  • 父が他界し、自分も精神疾患に・・・

 

リースバックの任意売却解決事例

  • 年金だけでは・・愛着がある家に・・・
  • 急遽、事業資金が必要で・・・
  • 家族同然の猫・・・引越し先が見つからなくて・・・
  • 子供は引越ししたくない・・・でも、私のパート代では・・・
  • 倒産して、破産も考えたが・・・
  • 子供3人の教育ローンが嵩んで・・・
  • 体を壊してしまって、手術台にまとまった資金が必要で・・・
  • 銀行やノンバンクで断られ、事業資金がどうしても必要で・・・
  • リバースモーゲージも不動産担保を断られて・・・
  • 競売で落札されてしまいました。どうしてもこのまま住み続けたい・・・

任意売却 FAX相談

ご相談は無料にて承ります!

「住宅ローンが払えない!」と思ったら、

任意売却FAX相談
24時間受付

ダウンロードはこちらです。

任意売却FAX相談受付シート ダウンロード

印刷 → ご記入(お分かりになる範囲で構いません。)
いただきましたら

FAX:03-3971-8982

までご送付ください

住宅ローンが払えない!住宅ローン滞納・延滞解決! 競売回避! 差押解除!

無料相談承ります!最善の解決方法をご提案!

0120-978-777【電話】年中無休 9:00~22:00 / 【メール】年中無休 24時間受付

任意売却はお任せください!

東京・神奈川・千葉・埼玉

ご相談者様に寄り添った任意売却

創業27年の信頼と実績

株式会社テスコーポレーション

無料相談 お問い合わせフォーム

下記の項目よりお気軽にお問い合わせください。

お名前
メールアドレス
電話番号 - -
お問合わせ内容


お問い合わせ