住宅ローンが払えない!任意売却無料相談!最善の解決方法をご提案いたします!

株式会社テスコーポレーション

不動産用語カ行

不動産に関する用語をまとめてみました。
ご覧になられた方のお力になれれば幸いです。

不動産用語カ行

買換え特約・・・住宅を買換えるときの契約で、現在所有している不動産が売却したら購入するが、売却できなければ白紙解約になる条件で、新しい不動産を購入する旨の特約です。
解除条件・・・転勤したらこの契約を失効するなど、将来不確定な事実が発生することで、法律的効果が失われる内容の条件です。
開発・・・一定以上の面積の土地の造成、区画変更をいいます。
開発許可・・・宅地造成等の行為を行う時に必要とされる許可のことで、都市計画法に基づく制度です。
買戻し特約・・・売主が売却代金と諸費用を買主に返金することで、売却した不動産を取り返すことができる旨の特約です。所有権移転登記と同時に買戻し特約を登記しないと第三者に対抗できません。
解約・・・当事者一方の意思表示で契約関係を消滅させることです。
解約手付・・・締結した売買契約を、手付の放棄または倍額の返金によって解約することができる手付です。
カウンターキッチン・・・キッチンとダイニングの間に小さなカウンターが設置されているキッチンをいいます。
価格査定・・・不動産会社が顧客に過去の取引事例などの根拠を示し、物件の価格を提案することをいいます。
瑕疵・・・造成不良、設備不良など、取引した土地・建物・設備について性能を欠いている状態をいいます。物理的瑕疵だけでなく、事件・事故・自殺等の履歴を指す心理的瑕疵もあります。
瑕疵担保責任・・・取引した不動産等に隠れた瑕疵があった場合、売主が買主に対して取る責任をいいます。個人間での不動産売買契約では瑕疵の範囲、責任期間については特約で決めることができます。
割賦販売・・・売買代金を分割して一定期間内に定期的に支払う販売方法をいいます。
かぶり・・・鉄筋コンクリートの鉄筋の腐食を防ぐための鉄筋を取り巻くコンクリート部分の厚さをいいます。
壁紙・・・室内の壁部分に張り付ける仕上げ材のことで、クロスともいいます。
壁式構造・・・建物の構造形式のひとつで、柱や梁でなく壁だけで荷重を支える構造をいいます。
壁心(かべしん・へきしん)・・・建物の面積を壁の中心線を基準に測る方法で、壁の内側を基準に測る内法(うちのり)よりも面積は大きくなります。一般的に広告等には壁芯面積が使用され、登記には内法面積が使用されます。
鴨居・・・和室の障子やふすまなどの開口部の上部にある横木のことをいいます。それに対し、下部の横木を敷居といいます。
カラン・・・蛇口のことで、給水管等の出口部分にあり、水量を調節します。
借り換え・・・現在の住宅ローンを別の金利が低いローンに変更することをいいます。借り換えには審査、条件等があります。
仮換地・・・土地区画整理事業において、正式な換地に先立って行われる換地をいいます。仮換地された土地は将来正式に換地されるのが原則です。
仮差押・・・債権者が金銭債権を持っている場合、債務者の不動産が一時的に売却・処分されないように裁判所に申請することができます。裁判者が認めたときは、債務者に対して売却できないようにすることをいい、登記します。
仮登記・・・本登記をするには要件が欠けている場合などに、登記の順位保全のため、あらかじめなす登記をいいます。なお、仮登記のままでは対抗力はありません。
換地処分・・・土地区画整理事業における最終的な権利変換のことです。
管理員・・・管理費やマンションの規模に応じて常駐管理、日勤管理、巡回管理などがあり、管理組合と管理会社の間で締結された業務内容を行います。
管理会社・・・不動産所有者から建物の維持管理を受託する会社です。
管理規約・・・マンションの管理・運営について所有者間で取り決めた規則で、話合いで内容の変更ができます。
管理組合・・・区分所有者で構成される法人で、マンションの管理・運営をします。
管理形態・・・管理組合が管理業務を管理会社に委託しているかまたは委託内容で変わります。主に3つに分かれ、管理会社を通さず直接管理する「自主管理」、管理業務全てを管理会社に委託する「全部委託管理」、管理業務の一部を管理会社に委託する「一部委託管理」があります。
完了検査・・・建物の完成後、建築確認を受けた建物の設備・構造等が法令どおりか確認する検査で、検査に問題がなければ検査済証が交付され、建物の使用が可能となります。
カーポート・・・住宅の敷地内に屋根、柱、梁だけの簡易な駐車スペースをいいます。
外構・・・建物周辺の門扉、塀、植栽などのことをいいます。
ガラスブロック・・・主に採光を目的として外壁や室内の壁に使用するガラスのブロックで、通常のガラスに比べ遮音性、断熱性に優れています。
元金均等返済・・・借入金の返済方法のひとつで、返済額に占める元金の全額を一定にして利息部分のみ変化する返済方法です。返済当初は金額は高いですが、返済が進むにつれ、金額は減っていきます。借入金額、金利、返済期間が同じ場合、元利均等返済に比べて総支払額は少なくなります。
元利均等返済・・・借入金の返済方法のひとつで、毎月の返済額を一定にする返済方法です。返済当初は返済額に占める利息部分が多く、返済が進むにつれて利息部分が小さくなります。借入金額、金利、返済期間が同じ場合、元金均等返済に比べて総支払額は多くなります。
機械式駐車場・・・昇降機やパレットなどを使い、機械で車を上下左右に移動させる駐車場です。地上式、地下式があります。
危険負担・・・不動産の売買契約後、決済前に対象不動産が火災等で引渡しが出来なくなった場合、どちらが損害を負担するかという問題です。
基準地価・・・毎年7月1日時点での地価を都道府県ごとに調査し、9月中旬頃に国土交通省が発表するもので、1月1日時点の公示価格と合わせて土地取引の指標となります。
基礎・・・建物の荷重を地盤に伝えるための構造で、直接基礎と杭基礎があります。直接基礎は独立基礎、布基礎、べた基礎などの種類があります。
既存住宅売買瑕疵保険・・・売買された住宅に瑕疵があった場合、補修費用等を支払う保険をいいます。
既存宅地・・・平成13年5月18日以前、市街化調整区域内でも一定の条件を満たす土地であれば、建築許可を受けずに建築することが認められる制度があり、これを既存宅地の制度です。平成13年5月18日に都市計画法が改正されたことで、5年間の経過措置の後にこの制度はなくなりました。
キッズルーム・・・マンションの共用施設のひとつで、小さな子供の遊び場です。内容はマンションによって変わります。
キッチンパネル・・・キッチンの壁に使用する壁材でタイルが主流です。タイルが大きいほど清掃は楽といわれます。
供託・・・法令により金銭・有価証券またはその物品を供託所(法務局)に寄託することをいいます。
共用部分・・・マンションなどの廊下やエレベーターなど区分所有者等が共通して所有・使用する部分をいいます。
杭基礎・・・鉄筋コンクリート造などの重量のある建物の建築や軟弱地盤に建築する場合、硬い支持層まで杭を打ち込み土台を築き支える基礎をいいます。
躯体・・・一般的に床、壁、柱などの建築物の主要部分のことをいいます。
クッションフロア(CF)・・・塩化ビニール製の床材で、弾力があるため歩きやすく、キッチン、トイレ、洗面所などの水回りでよく使用されます。
沓摺(くつづり)・・・建物の出入り口のドアの下部にある部材のことで、遮音性・気密性を高めます。
区分所有法・・・正式には「建物の区分所有等に関する法律」といいます。マンションでの円滑な共同生活のための規則や権利関係をまとめた基本法です。
クラック・・・ひび、亀裂のことをいいます。
繰り上げ返済・・・住宅ローンの月々の返済やボーナス払いとは別にローンの一部または全部を返済することをいいます。返済された金額は元金に充当されるため、早期にするほど、金利の軽減効果があります。
クロス・・・室内の壁部分に張り付ける仕上げ材のことで、壁紙ともいいます。
クローゼット・・・収納庫のことで、ハンガーパイプが設置され、衣類が収納されるものが主流です。部屋上の大型クローゼットをウォークインクローゼットといいます。
クーラースリーブ・・・冷暖房設備の冷媒配管の取付口のことです。マンションでは居室にあることが多いですが、無い場合もあります。無い場合は管理組合の承諾が必要となります。
グルニエ・・・屋根裏部屋のことで、アティックともいいます。
珪藻土・・・藻の一種である珪藻類の遺骸が海底に堆積してできた粘土状の土で、吸臭、吸音、断熱性が高く、自然素材として住宅に使用されることが多いです。
軽量鉄骨・・・厚さ6mm以下の鋼板を加工した鉄骨です。住宅にも使用されます。
建築確認・・・建築物を建築する場合、建築主はその建築物の構造・設備等に問題がないか建築主事の確認を受けなければなりません。
建築基準法・・・建物を建築する際に最も基本となる法律です。
建築協定・・・土地所有者および借地権者が建築基準法に定めるところにより締結する建築物の敷地、構造、用途、意匠等に関する協定をいいます。
建築条件付き土地・・・土地を購入する際、売主に建物の建築を任せる条件が付いており、土地の売買契約締結から3ヶ月以内に建築請負契約を締結することが条件の土地のことをいいます。3ヶ月以内に締結できないときは土地の売買契約は白紙解約となります。
建蔽率(けんぺいりつ)・・・建築面積の敷地面積に対する割合をいいます。
権利金・・・土地や建物の借地権や借家権を設定したり、譲渡した時の対価として賃借人から地主や大家に対して支払われる金銭をいいます。地代、賃料、敷金とも違うため、賃借人が退去する場合、賃貸人が賃借人に支払う必要はありません。
権利証・・・登記に関する登記済証のことです。平成17年より登記申請のオンライン化が進み、権利証から登記識別情報へ切り替わっています。
玄関ポーチ・・・玄関の上に突き出た庇の下の部分をいいます。また、門扉から玄関までの空間をポーチと呼んでいるものもあります。
現状有姿・・・現状あるがままの状態のことをいいます。中古物件でこの表示があった場合、リフォームはせずにそのままの状態での引渡しになります。
工業地域・・・都市計画法で定められた用途地域のひとつで、主に工業の利便を図る地域です。一般的な住宅供給は少ない地域です。
工事請負契約・・・建築物を建てるときに、施工業者に工事を請け負ってもらう契約のことです。
公示地価・・・毎年1月1日時点における標準地の価格を1㎡あたりの単価で示したもので、適正な土地取引の指標にすることを目的に、3月中旬に国土交通省が発表します。
公図・・・登記所に備え付けられている地図で土地が一筆ごとに書かれており、土地の形状、隣接地との位置関係がわかります。登記所で閲覧、写しを取ることもできます。
更正登記・・・登記された時点で記載の漏れ、誤りがあった場合、当事者が申請し、登記官が職権で登記を訂正することをいいます。
公租公課・・・国または地方公共団体により賦課される公の負担の総称で、公租は国税・地方税を、公課は租税以外の負担(負担金、分担金、使用料)を指すとされています。不動産取引では決済時に日割で売主分、買主分でそれぞれ負担することが多いです。
固定金利・・・最初の借入から完済まで金利が固定されているものです。フラット35が代表的な固定金利の商品です。金利が固定されているため、将来の金利の上昇・下降の影響を受けません。
固定資産税・・・毎年1月1日時点での土地・建物の所有者に市町村が課税する地方税です。尚、新築家屋は翌年から課税対象となります。
固定資産税評価額・・・固定資産課税台帳に記載された土地・建物の評価額のことです。尚、土地・建物の評価額は3年に1度評価替えが実施されており、その年度を基準年度といいます。

不動産用語 メニュー一覧

▶ア行

アイランド型キッチン・アウトポール(アウトフレーム)設計・青田売り・上がり框(かまち)・足元温風機・アスベスト・頭金・アティック・アトリウム・アフターサービス・アプローチ・アメニティ・アルカリ骨材反応・アルコープ・アンダーレイ・行灯部屋・アンボンド工法・生け垣・委託管理・板ダタミ・位置指定道路・一般媒介契約・移転登記・違反建築物・違約金・印鑑証明・印紙税・インテリア・ウォークインクローゼット・請負契約・内金(うちきん)・内断熱・内法・埋立地・売出価格・売主・永小作権・液状化現象・エクステリア・エコキュート・エコハウス・エネファーム・エフロレッセンス・エレベーターコア式・追い炊き機能・おとり広告・踊り場・親子リレー返済・オートロック・オーナーチェンジ・オーニング

▶カ行

買換え特約・解除条件・開発・開発許可・買戻し特約・解約・解約手付・カウンターキッチン・価格査定・瑕疵・瑕疵担保責任・割賦販売・かぶり・壁紙・壁式構造・壁心(かべしん・へきしん)・鴨居・カラン・借り換え・仮換地・仮差押・仮登記・換地処分・管理員・管理会社・管理規約・管理組合・管理形態・完了検査・カーポート・外構・ガラスブロック・元金均等返済・元利均等返済・機械式駐車場・危険負担・基準地価・基礎・既存住宅売買瑕疵保険・既存宅地・キッズルーム・キッチンパネル・供託・共用部分・杭基礎・躯体・クッションフロア(CF)・沓摺(くつづり)・区分所有法・クラック・繰り上げ返済・クロス・クローゼット・クーラースリーブ・グルニエ・珪藻土・軽量鉄骨・建築確認・建築基準法・建築協定・建築条件付き土地・建蔽率(けんぺいりつ)・権利金・権利証・玄関ポーチ・現状有姿・工業地域・工事請負契約・公示地価・公図・更正登記・公租公課・固定金利・固定資産税

▶サ行

再建築不可・サイディング・下がり天井・サニタリー・更地・サーキュレーター・サービスルーム・財産評価基準・在来工法・災害危険区域・市街化区域・市街化調整区域・敷居・敷金・敷地延長・敷地権・システムキッチン・漆喰・指定流通機構・私道負担・借地権・借地権割合・借地借家法・修繕積立金・重量鉄骨・主寝室・承役地・商業地域・諸費用・浸水・住宅性能表示制度・住宅性能保証制度・住宅の品質確保の促進等に関する法律(品確法)・住宅ローン・巡回管理・準工業地域・準住居地域・準耐火構造・準防火地域・浄化槽・常駐管理・水道負担金・スキップフロア・スケルトン・数寄屋造り・筋交い・ステップフロア・スプリンクラー・スマートグリッド・スマートハウス・隅切り(角切り)・スラブ・スレート葺・スロップシンク・制震構造・成約価格・石膏ボード・セットバック・接道義務・絶対高さ制限・専属専任媒介契約・専任媒介契約・専有部分・専用使用権・専用庭・ソーラー発電システム・底地

▶タ行

第一種住居地域・第一種中高層住居専用地域・第一種低層住居専用地域・耐火構造・大規模修繕・耐震構造・太陽光発電システム・耐力壁・宅地造成等規制法・宅地建物取引業者・宅地建物取引業法・宅地建物取引士・宅配ボックス・宅配ロッカー・団体信用生命保険・断熱構造・地役権・地価公示・地上権・地勢・地積・地積測量図・地代・地番・地目・仲介・仲介手数料・中間金・長期修繕計画・長期優良住宅・賃借権・2✖4工法・つなぎ融資・坪単価・坪庭・定期借地権・停止条件・抵当権・鉄筋コンクリート造・手付・テラス・テラスハウス・天板・天井高・天袋・天窓・ディスポーザー・ディンプルキー・電気調理器・電磁調理器・登記簿・登録免許税・都市計画区域・都市計画税・土地区画整理事業・トップライト・トランクルーム・道路斜線制限・独立型キッチン

▶ナ行

内見・内覧・中庭・長押(なげし)・納戸・2項道路・二重床工法・日影規制・ニッチ・布基礎・ぬれ縁・根抵当権・農地・農地転用・農地法・法地(のりち)

▶ハ行

媒介契約・売買契約・ハザードマップ・旗竿地・パティオ・はめ殺し窓・バランス釜・梁・バリアフリー・パントリー・庇(ひさし)・非線引き区域・ひな壇・ビルトイン・ピロティ・フーチング・吹き抜け・襖・不動産取得税・フラット35・プレイロット・プレハブ工法・フローリング・ペアガラス・ベタ基礎・返済負担率・変動金利・ポーチ・防火構造・防火地域・防水パン・法定地上権・法務局・保留地・ホルムアルデヒド

▶マ行

間口・マスターリース・丸太組工法・マンション管理士・御影石・ミストサウナ・水回り・みなし道路・民泊・棟上げ・無指定・メゾネット・面格子・免震構造・メーターボックス(MB)・木造軸組工法・モジュール・モデルハウス・モデルルーム・盛土・モルタル

▶ヤ行

家賃保証会社・UHFアンテナ・有効採光率・床下収納・床暖房・ユニットバス・用益権・要役地・容積率・用途地域・擁壁・浴室暖房換気乾燥機・予告広告

▶ラ行

ラーメン構造・欄間(らんま)・立面図・リネン庫・リノベーション・リバースモーゲージ・リフォーム・琉球畳・隣地斜線制限・ルーバー・ルーフバルコニー・レインズ・レンジフード・連帯保証人・レントロール・ローン特約・ログハウス・陸屋根(ろくやね)・路線価・ロフト

▶ワ行

ワイドスパン

住宅ローンが払えない!住宅ローン滞納・延滞解決! 競売回避! 差押解除!

無料相談承ります!最善の解決方法をご提案!

0120-978-777【電話】年中無休 9:00~22:00 / 【メール】年中無休 24時間受付

任意売却はお任せください!

東京・神奈川・千葉・埼玉

ご相談者様に寄り添った任意売却

創業27年の信頼と実績

株式会社テスコーポレーション

無料相談 お問い合わせフォーム

下記の項目よりお気軽にお問い合わせください。

お名前
メールアドレス
電話番号 - -
お問合わせ内容


お問い合わせ