住宅ローンが払えないとどうなるの…?5つの解決策を紹介 | 住宅ローンが払えない!任意売却無料相談【テスコーポレーション】    

住宅ローンが払えない!任意売却無料相談!最善の解決方法をご提案いたします!

株式会社テスコーポレーション

コラム

住宅ローンが払えないとどうなるの…?5つの解決策を紹介

2023/11/29

経済的な困難や失業、病気など、様々な理由で住宅ローンが払えないという状況は起こります。

この記事では、住宅ローンが払えない場合にどのような事態が発生するのか、段階的に解説していきます。

さらに、家計の見直しや住宅ローンの借り換え、金融機関への相談、債務整理、任意売却など、困難な状況を乗り越えるための具体的な解決策も紹介します。

住宅ローンの返済に関する悩みを抱えている方はぜひご覧ください。

住宅ローンが払えない人たちの理由・原因

住宅ローンが払えない状況になってしまう人々の背景には、様々な理由や原因が存在します。多くの場合、これらは予期せぬ生活の変化に起因しています。

例えば、失業は家計に大きな影響を及ぼし、安定した収入の喪失は住宅ローンの返済を困難にします。また、病気や怪我による長期的な休職や収入減も、返済能力に直接影響を与える要因となります。

離婚もまた、影響を及ぼす主な要因の一つです。離婚により、以前は二人で支払っていたローンを一人で背負うことになる場合があります。

さらに、住宅ローンを組む際の計画不足も、後に払えない状況に陥る原因となることがあります。例えば、将来の収入増加を過大に見積もることで、実際の収入に見合わない金額のローンを組んでしまうことがあります。

住宅ローンが払えないとどうなるの…?

では住宅ローンが払えないと実際にどうなるのでしょうか。発生する事態や流れを段階的にみていきます。

金融機関から連絡がくる

住宅ローンの支払いが滞った場合、最初に起こることは金融機関からの連絡です。通常、支払い期日を過ぎると、銀行などの金融機関から催促の連絡が入ります。

この段階では、まだ法的な手続きには移行していないため、金融機関とのコミュニケーションを通じて状況を説明し、解決策を模索することが可能です。

督促状が届く

住宅ローンの支払いが1~2ヶ月ほど滞ると、金融機関から督促状が届きます。この督促状は、支払いの遅れに対する公式的な警告になります。

通常、督促状には未払いの金額と支払いを求める期限が記載されており、この期限までに支払いを行わなければ、さらに厳しい措置が取られてしまいます。

一括返済を求められる

住宅ローンの支払いが3ヶ月以上滞ると、金融機関から一括返済を求められることになります。

これはローン契約の「期限の利益喪失」に基づくものです。期限の利益喪失とは、借り手がローン契約の条件に違反した場合、貸し手が残りのローン金額全体の即時返済を要求できる権利のことを指します。

この段階に至ると、金融機関は通常の月々の返済ではなく、残っているローンの全額を一度に返済することを求めてきます。

競売の申し立て・実施

さらに滞り続けると、金融機関は競売の申し立てを行います。この段階になると、金融機関は法的手続きを通じて不動産を強制的に売却し、貸し出した資金の回収を図ろうとします。

競売が実施されると不動産は公的なオークションにかけられ、一般に公開されます。競売では、不動産は通常、市場価格よりも低い価格で売却されることが多く、これは借り手にとって大きな損失となります。

売却が決定すると家を明け渡す必要があり、売却金は債権者である金融機関の債務返済に充てられますが、売却金が債務額を下回る場合、残債務が残ることになります。

住宅ローンが払えない場合の解決策

住宅ローンが払えない場合の解決策として以下の5つが挙げられます。

・家計を見直す

・住宅ローンの借り換えをする

・金融機関に相談する

・債務整理をする

・任意売却をする

家計を見直す

住宅ローンが払えない状況になった場合、まずは家計の見直しを行いましょう。収入と支出を詳細に分析し、不要な出費を削減することが重要です。

例えば、日々の生活費、娯楽費、通信費などの見直しを行い、無駄な支出を減らすことで、返済に充てる余裕が生まれることもあります。

定期的な支出の中で、契約プランの見直しやサブスクリプションサービスのキャンセルなどを検討することも有効です。月々の支出を抑えることで、住宅ローンの返済に回せる資金を確保できるかもしれません。

住宅ローンの借り換えをする

住宅ローンの借り換えをするのも手段の一つです。現在の条件を見直し、より低い金利や長い返済期間を設けている金融機関を探します。借り換えによって、月々の返済額を減らせることがあります。

特に、金利が低い時期には、借り換えによるメリットが大きくなります。ただし、借り換えには手数料や諸費用がかかることがあり、また新たな金融機関との契約条件を理解する必要もあります。

金融機関に相談する

金融機関に相談することもまた重要な解決策の一つです。返済の問題を直接金融機関に伝え、可能な支援や解決策を探ります。

金融機関は、返済計画の再編成、返済期間の延長、一時的な返済猶予など、様々なプランを提供してくれることがあります。

早期に相談することで、金融機関も柔軟に対応しやすくなり、最悪の事態である競売や差し押さえなどを避けることができる可能性が高まります。

問題を隠さずに早めに金融機関に相談することで、より多くの選択肢と解決策を得ることができます。

債務整理をする

借金を抱えていて、その返済の影響で住宅ローンが払えないといった状況の場合には、債務整理も一つの選択肢となります。債務整理は、法的な手続きを通じて借金の負担を軽減する方法で、任意整理、個人再生、自己破産などがあります。

任意整理では、債権者と直接交渉して返済条件を見直し、借金の一部を減額したり、返済期間を延長したりすることができます。個人再生の場合、裁判所を通じて債務を大幅に減額し、返済可能な範囲での計画を立てます。

自己破産は最終手段として、返済不能な状況にある場合に利用され、債務の全額免除を求めることができます。ただし、これらの手続きにはそれぞれ異なる条件や影響があり、特に自己破産は資産の喪失や信用情報への影響が大きいため、慎重な検討が必要です。

任意売却をする

任意売却とは、債権者の同意のもとで不動産を市場価格に近い価格で売却し、その売却金で住宅ローンの返済を行う方法です。

競売に比べて不動産をより高い価格で売却できる可能性があるため、債務者はより多くの債務を返済し、残債務の負担を軽減することが可能になります。

また、任意売却はプライバシーが守られる点も大きなメリットです。競売の場合、不動産の売却が公的な手続きとなり、周囲に知られる可能性が高いのに対し、任意売却ではそのような心配が少ないです。

さらに、売却が完了するまでの間、住宅に住み続けることができるケースもあり、引越しの準備や新しい住居を探す時間を確保できることも大きなメリットです。

住宅ローンが払えない場合には

この記事では、住宅ローンが払えない場合に起こる事態やその状況を解決するための5つの方法を紹介しました。

解決策としては、家計の見直し、住宅ローンの借り換え、金融機関との相談、債務整理、そして任意売却が挙げられます。これらの方法は、それぞれの状況やニーズに応じて選択されるべきです。

特に任意売却は、住宅ローンの返済が困難な場合に有効な手段の一つとして注目されています。

なお、住宅ローンが払えない状況に直面した際には「テスコーポレーション」にご相談ください。テスコーポレーションは、東京、神奈川、千葉、埼玉を中心に、住宅ローンの返済に関する悩みを解決するサポートを行っています。

創業30年以上の実績を持ち、任意売却をはじめとする多様な解決策のご提案が可能です。

住宅ローンが払えない状況で困っている方が、テスコーポレーションにご相談いただくことで、専門家のアドバイスを受けながら、最適な解決策を見つけることができるでしょう。

経験豊富な専門家が、あなたの状況に合わせた適切なサポートをいたしますので、お気軽にご相談ください。

>>テスコーポレーションについて詳しく知りたい方はこちら

この記事のトラックバック用URL

住宅ローンが払えない!住宅ローン滞納・延滞解決! 競売回避! 差押解除!

無料相談承ります!最善の解決方法をご提案!

0120-978-777【電話】年中無休 9:00~22:00 / 【メール】年中無休 24時間受付

任意売却はお任せください!

東京・神奈川・千葉・埼玉

ご相談者様に寄り添った任意売却

創業29年の信頼と実績

株式会社テスコーポレーション

無料相談 お問い合わせフォーム

下記の項目よりお気軽にお問い合わせください。

お名前
都道府県
市区町村
メールアドレス
電話番号 - -
お問合わせ内容



The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.
電話で問い合わせ LINEでお問い合わせ メールでお問い合わせ