トップページ 写真入

住宅ローンと自己破産

住宅ローンと自己破産

photo image 11
 
 
 
 
 
 
 
 
「住宅ローンが払えない!」
 
「自己破産って何?」
 
でお悩みの方
この度は、当ホームページをご覧いただき有難うございます。
 
 
 
住宅ローンと自己破産
 
不動産(戸建、マンション)を購入された時、住宅ローンを〇〇年間の月々〇万円(返済期間と返済金利)の返済と金融会社と住宅ローンを契約されたここと思います。
皆さま購入時は、無理のないお支払方法を選ばれたことでしょう。
 
  
ですが、家族環境の変化、収入面の変化、体の不調等、様々な理由で月々の「住宅ローンが払えない!」となった場合、「競売」よりも多くのメリットがある「任意売却」を選択されたとします。
  
 
しかしながら、任意売却後もほとんどの場合で借入金が残ってしまう可能性が高いです。これを「残債務」と言います。
 
任意売却後もこの「残債務」のお支払いが厳しかったり、他の債務も重なっていたり、生活が苦しいとご相談者様が判断された場合、債務整理の一環として「自己破産」をお勧めしています。
 
自己破産の申し立てによって債務が免責されれば借入が無くなります。
 
金銭的にも精神的にも余裕が生まれますので、新しい生活を踏む出すことができます。
 
自己破産を申し立てると勤務先に知られてしまう等誤解されていますが、生活の変化はまったくありません。

以下の項目では、よりメリットのある「自己破産」をご紹介します。
 
破産の費用がない場合でも、申し立てには「法テラス」制度もございます。
 
「法テラス」とは、経済的に余裕のない人が法律トラブルにあった場合に、無料の法律相談を受けつけ、必要に応じて弁護士・司法書士費用などを立て替える「民事法律扶助業務」を行っている制度です。

住宅ローンと自己破産 破産の種類

 

破産の種類

 

自己破産を裁判所に申立てる場合、2種類に大別することができます。

「同時廃止事件」「管財事件」です。

 

同時廃止事件

何も資産がなく破産手続きの費用を支払うお金がない場合、裁判所は、破産手続開始の決定と同時に、破産手続の決定をしなければならないというものです。

同時廃止の破産の場合、弁護士費用のみで、20万円から30万円になります。

 

管財事件

不動産をお持ちの場合や、会社をお持ちの場合(個人経営含む)、その他資産をお持ちの場合、裁判所より破産管財人と呼ばれる弁護士が選任され、その破産管財人が自己破産を申し立てた人物の(破産者)の持っている財産の調査・管理・換金処分(換価処分)をおこない債権者へ平等に配当するというものです。

破産を依頼した弁護士費用に加え、管財人の弁護士にも費用が発生します。

少額管財事件では20万円~、普通の管財事件は50万円~が報酬として必要です。

この報酬は予納金として裁判所へ、現金全額前払いが原則です。

 

申し立てから免責が許可されるまでの期間

同時廃止事件 およそ半年内

管財事件   半年以上、おおむね一年(財産内容によっては長期になります)

 

任意売却後の自己破産のメリット

 
不動産をお持ちの方は、
 
そのまま破産申し立てをしては管財事件になる可能性が大きいので、
 
任意売却で不動産を処分してから破産を申し立てしたほうが
 
債務が無くなるだけではなく、メリットも多く受けられるということになります。
 

任意売却後の破産 4つのメリット

 

1.破産費用が少なくすむ
 
2.引越し代など、当面の資金が手に入る
(売却手数料などの費用負担もございません)
 
3.自己破産手続きが終了するまでの時間が短くなる
 
4.引越しの時期を相談することができる。
 
自己破産とは
 
自己破産

住宅ローンと自己破産 任意売却解決事例のご紹介

photo image 28

 

 

 

 

 

任意売却後に自己破産された解決事例をご紹介します。

 
☆元妻が住むローンとの二重払いが・・・

5年前に妻と離婚し、自宅を妻に残し、僕が家を出ました。妻の為にローンの支払いは僕が続けていました。

2年ほど前、新しい家族が出来、前の妻が済んでいる住宅ローンと今の家族の賃貸アパートの家賃を払っていました。二重の支払いが徐々に苦しくなり、借金も膨れ上がり、とうとう、住宅ローンも家の家賃も滞納するしかないとこまで追い詰められています。どうすればよいでしょうか?

 

☆離婚して自暴自棄になり、住宅ローンを滞納・・・

昨年離婚してしまい、自暴自棄になり借金を重ねてしまい住宅ローンを滞納してしまって、どのようにすればよいでしょう?破産のことも伺いたいし、弁護士費用のことも伺いたいし、何よりそちらの相談料はおいくらでしょうか?


☆離婚してギリギリの生活、住宅ローンが払えない・・・

数年前に離婚し、元ご主人おひとりでマンションにお住まいでしたが、生活はギリギリで、住宅ローンを滞納しがちでしたが、ボーナスやカードローンで遅れながらも返済していました。

その生活も限界に達し、金融機関から一括返済の通知が届いたのをきっかけにご相談がありました。元奥様が連帯債務者になっているが、迷惑はかけたくないので、なんとかならないかとの相談内容でした。

 

☆リストラにより転職・・・

購入時、大手電機メーカーの系列子会社にお勤めでした。年収600万円。奥様、お子様2人に愛犬2匹。お子様の喘息もあり、空気のきれいな郊外に建築条件付きの売地を購入。

細かいところまでこだわった納得のいく注文住宅を建築。月々の返済は10万円。無理のない返済計画を立て幸せな生活を送られていました。ところが、親会社の経理不正が発覚、お勤めの子会社もあおりを受け人員削減。

転職先の収入は激減、夜と休日にアルバイトを入れるも、ご家族の生活とローンの支払いのために借金。

 

☆不景気で会社の経営が立ち行かなくなって・・・

結婚してすぐに杉並区にマンションを購入しました。夫婦共働きだったため、支払いの心配はありませんでしたが、勤務先の会社の経営状態が悪くなり、転職をしました。

転職後の職場環境に合わず、2ヶ月で退職。その後再就職先がなかなか見つからず、収入減が続き、貯金も底をつきました。やっと転職できましたが、以前のような収入は見込めず、住宅ローンの支払いが困難になりました。

購入をしたときの不動産会社に売却の相談をしましたが、オーバーローンになっているので、差額分を現金で用意するように言われました。どうしたらよいでしょうか。

 

☆足を悪くして退職・・・

相続した実家を建て直し、住宅ローンを組み一人で住んでいます。足を悪くして仕事に支障をきたすため、前の職場を辞めて1年程になりますが、自分に合った仕事が見つからず、貯金も底がつきました。

住宅ローンも滞納しており、期限の利益の喪失通知が届きました。これからどうなるのでしょうか。

 

☆難病にかかって、多重債務に・・・

難病にかかってしまい、転職したら給料が安くなり、更に多重債務で首が回らなくなり、来月から住宅ローンの支払いはもうできません。

任意売却という手があると知ったのですが、私でも可能でしょうか。

 

☆ガンで療養中で無職・・・

現在、ガンで療養中で無職です。預貯金を切り崩して生活しています。今月の支払い分から住宅ローン、管理費等の支払いができなくなります。

あと生活保護の相談も乗ってもらえますでしょうか。

 

☆ちょっとの借り入れがいつのまにか・・

住宅金融支援機構から督促状が届き、競売の申し立てをします。という手紙が届きました。多重債務の生活苦から、借金を重ね、税金も払えなく、住宅ローンを6回滞納してしまいました。

どうしたらよいか分からず、戦々恐々としていました。私たち家族は、家を追い出されるのでしょうか? 現在の借金苦から解放されることで家族で普通のつつましい生活を送りたいことと、できたらこの家にずっと住んでいたい。

 

☆投資用アパートを悪質業者から買ってしまった・・・

知人からの紹介で投資用アパートを購入しました。会社員でしたので、ローンの心配やアパート経営に不安があったのですが、営業の方に、ローンの斡旋先を紹介され、管理してくれる管理会社も紹介され、なんら問題はない説明を受け、その気になって購入してしまいました。

間もなく空室率が目立ち始めローンの返済に手出しが必要になってきました。購入時の販売会社も倒産してしまい、ローンが滞っている状態です。

 

☆知らない間に妻が多重債務者に・・・

妻と共同でマンションを購入しました。債務も共同になっています。

ある日、郵便物を偶然見てみると、妻名義のクレジット会社からの督促状でした。妻を問い詰めると、このクレジット会社以外にも、多数借金があり、すでに支払い不能に陥っていて、税金も滞納しており、不動産に差し押さえが付いているとの事でした。

 

☆妻に内緒で借り入れして・・・

妻に内緒で交際費の借入が多く、別居状態。

家には一人で住んでいますが、出張ばかりでほとんど帰っていないです。年収は1,000~1,200万円あるが、交際費が多く、こういう状態になってしまいました。今月中に支払いがないと再来月には代位弁済になると聞いています。申し訳ないが他の業者も含めて検討したいです。

 

▶自己破産 任意売却解決事例 詳しくはコチラ

住宅ローンと自己破産 法テラス制度

 

「法テラス」とは

法テラスとは、国が設立した法律支援団体のことで「日本司法支援センター」の通称です。

法テラスは国、地方公共団体、弁護士会などと連携して、法律トラブルを抱えた人が必要な情報提供やサービスを気軽に得られより身近な司法サービスを受けて、法律トラブルを解決へ導く様々なサービスを提供しています。

 

法テラスで利用できる無料サービスの内容

情報提供サービス

法律トラブルの問い合わせをしてきた相談内容に合わせて、解決に役立つ法制度、法律相談センターの窓口、最寄りの法テラス、法律事務所の紹介。

 

経済的に余裕のない人が利用できる法律扶助サービス

弁護士・司法書士費用などを立て替える「民事法律扶助業務」。

 

無料の法律相談(3回まで)

法テラスと契約している弁護士・司法書士に、3回まで無料相談できます。(1回30分程度)(刑事事件以外)

 

交渉や調停、裁判などの手続きにかかる費用と、着手金の立替え

法テラスが、交渉や調停、裁判などの手続きの代理を依頼するためのすぐに発生する弁護士の着手金や実費などの費用を立て替えてくれます。

 

書類作成にかかる費用と、報酬金の立替え

弁護士に依頼した場合の作成費用や、事件完了後の報酬金について立て替えてもらえます。

  

その他

犯罪の被害にあった人やその家族に対する「犯罪被害者支援業務」

全国で法律相談ができるように弁護士を常駐させる「司法過疎対策業務」

国選弁護事件に対応する「国選弁護等関連業務」等

 

 

法テラスの対象者 

経済的に余裕のない人で日本国民または日本に住所があり合法に在留する外国人の方が対象です。(法人・組合などの団体は対象外)

法テラスを利用するためには以下の条件を満たす必要があります。

 

 

相談者の収入・資産に関する条件

世帯月収と保有資産が一定額以下であることが第一条件となります。

家族の人数、世帯収入、地域によって違ってきます。

医療費や教育費などの出費がある場合は、一定額が考慮されます。

また、離婚事件の場合は配偶者の収入を合算しません。

一方で、家賃や住宅ローンを負担している場合は、限度額の範囲内で負担額が上記条件の金額に加算されます。

 

 

相談・請求内容に関する条件

勝訴の見込みがないとは言えないこと、相談内容や請求が妥当であること、法テラスは以上の条件を満たしているか審査がございます。

  
法テラス 図
 

相談から解決までにかかる費用

 

費用は相談内容によって違いますが、費用内訳としては、実費、着手金、報酬です。

破産の場合、通常の弁護士費用は30万円~50万円(内容や弁護士によって違ってきます)

法テラス利用の場合、~30万円となっております。

 
<例>「民事法律扶助業務 法テラス|法律を知る 相談窓口を知る 道しるべ」より引用
・自己破産申立(債権者10社):23,000円(実費)+129,600円(着手金)=152,600円
・自己破産申立書作成(債権者10社):17,000円(実費)+86,400円(報酬)=103,400円
計:256,000円
立替えサービスなので、その後、毎月5,000円~10,000円を分割で法テラスに支払うことになります(無利息)。
 
 
法テラスに登録している提携の弁護士を紹介可能です。
 
お気軽にご相談ください。
 
私たちの想いは
 
「ご相談者様に寄り添った任意売却」です。
 
 

債務整理の種類

 
債務整理とは
 

「借金問題を弁護士や司法書士に依頼することによって、借金問題の解決・将来利息の減額などを実現するための法的手段」を指します。

自己破産は、債務整理のひとつです。自己破産を含めた債務整理については下記よりお進みください。

以下の4種類があります。

 

 
 
 
住宅ローンが払えない!
 
住宅ローン滞納・延滞解決!
競売回避! 差押解除!
 
無料相談承ります!
最善の解決方法をご提案!
 
0120-978-777
 
【電話】年中無休 9:00~22:00
【メール】年中無休  24時間受付
 
 任意売却はお任せください!
 
東京・神奈川・千葉・埼玉
 
 
ご相談者様に寄り添った任意売却
 
創業27年の信頼と実績
 
株式会社テスコーポレーション
 
 

無料相談 お問い合わせフォーム

下記の項目よりお気軽にお問い合わせください。
お名前 
メールアドレス 
電話番号
お問合せ内容 

サイト内検索

新着情報

住宅ローンが払えない任売ブログ内検索

アクセスマップ

  • 東京都豊島区西池袋1-38-6
  • JR各線、丸ノ内線、有楽町線、東武東上線、西武池袋線 「池袋」駅から徒歩5分
  • 任意売却対応エリア
    東京・神奈川・千葉・埼玉

フリーダイヤル

0120-978-777

年中無休 9:00~22:00

会社ロゴ

27年の信頼と実績!

年中無休 24時間受付