トップページ 写真入

親子間売買・親族間売買

  • photo image 6
  • photo image 16
  • photo image 15

親子間売買・親族間売買

親子間売買・親族間売買とは?

親子間売買・親族間売買

 

親子間売買とは、その名の通り、親子間で不動産(戸建、マンション)を売買することです。

 

親族間売買とは、兄弟等の親族間で不動産(戸建、マンション)を売買することです。

 

「住宅ローンを滞納していてもう払えないが家にはどうしても住み続けたい」

という場合に、

ご自宅(戸建、マンション)を子供・親族に売却する

「親子間売買」「親族間売買」という形で任意売却

をすれば、ご自宅を売却した後もご自宅に住み続けることができます。

 

任意売却で行う親子間売買・親族間売買

 

※任意売却で行う親子間売買・親族間売買 図解

 

親子間売買 図

親子間売買・親族間売買のメリット、デメリット、流れ

 

親子間売買・親族間売買のメリット

・自宅(戸建、マンション)に住み続けることができる。
 
・引越をしないで済む。
 
・毎月の返済負担が少なくなるケースが多い
 
・親子間・親族間での取引のため、外部に経済状況を知られる恐れがない。
 
 

親子間売買・親族間売買のデメリット

・融資してくれる金融機関が少ない
 
・子供・親族がその他の住宅ローンを組みづらくなる。
 
 
 

任意売却での親子間売買・親族間売買の流れ

1.債権者に任意売却の申出をし、抵当権抹消金額を確認する。
 
2、債権者に親子間売買・親族間売買の許可をもらう
 
3、購入者(親族)の購入金額を用立てる(住宅ローン)
 
ほとんどの金融機関は、親子間での売買や兄弟姉妹間の売買に対して融資をしません。
 
任意売却での親子間売買・親族間売買を行う際に住宅ローンの融資審査に通るかどうかは、
 
仲介に入る不動産業者の力量がかなりのウエイトを占めます。
親子間売買・親族間売買を成功させるためには、豊富な実績ある任意売却の専門不動産会社に依頼することが大切です。
 
4、契約及び決済。登記名義変更
 
住宅ローンが通りましたら、売買契約、決済、名義変更の流れになります。名義変更の際は、司法書士費用等が掛かります。
 
 
 

親子間売買(親族間売買)を任意売却で行う場合の注意点

 

債権者の親子間売買(親族間売買)の同意が必要
 
債権者によっては、親子間売買の場合、債務の圧縮行為とみなされ、任意売却での親子間売買を受け付けてもらえない場合があります。
 
債務の状況、通常での売却の見通し等、によっても任意売却での親子間売買を受け付けてもらえない場合があります。
 
 

 

※親子間売買 図解

 

親子間売買 図2

親子間売買(親族間売買)の注意点

 

①住宅ローンが組みにくい
 
金融機関は
 
将来は必然と相続されるのに、今売買で子供に譲るのはなぜだろう
 
他の相続人に渡さないために他の相続人に確認も取らず売買を進めようとしているのではないか
 
住宅ローンとして融資したお金を他に利用しようとしているのではないか
 
など、リスクを考慮し審査が消極的です。
親子間売買 融資申込図2

 

②適正価格で売却する
贈与税 図解

安く売却すると贈与税が発生する可能性があります

譲渡所得 図解

高く売却すると所得税が発生する可能性があります

※短期譲渡(5年)、長期譲渡(5年以上)、建物(減価償却分)等によって
税率は変わります。特例の3,000万円控除は適用されません。

親子間売買・親族間売買 まとめ

親子間売買・親族間売買の実績ある不動産会社に依頼する

〇売却価格(適正価格)での売却

〇契約書・重要事項説明書が必要

〇親子間売買・親族間売買で提携の住宅ローン会社を持っている。

 

任意売却における親子間売買・親族間売買の場合は、任意売却の実績ある会社に依頼する

〇債権者との交渉が必須

 

私どもの想いは

 

「ご相談者様に寄り添った任意売却」です。

 

創業27年の信頼と実績

 

親子間売買・親族間売買はお任せください。

 

税務上の相談も提携の税理士とタイアップして進めさせていただきます。

 

他社様にご依頼中の方も、ご相談可能です。

 

 

親子間売買・親族間売買の任意売却解決事例

solution photo image 4

 

 

 

親子間売買・親族間売買の任意売却解決事例をご紹介します。

☆不況のあおり・・・なんとかこのまま住み続けたいが・・・

映像関係業の仕事を自営で営んでおりましたが、不況のあおりを受けて収入が大きく減ってしまいました。住宅ローンのほかに、学資ローンや太陽光発電設備のローンが多く残っております。これ以上、ローンの支払いを続けることはできません。頼る親戚もおらず、何とかこの家に住み続けることはできないでしょうか。

 

☆年金だけでは支払えず・・・

会社員の時に戸建を購入し定年を迎えました。年金で住宅ローンを支払っていくつもりでしたが、他の債務もあり住宅ローンを滞納してしまいました。債権者から連絡があり、競売にしますとのことですが、どのようにしたらよいでしょうか。年も年ですので今から賃貸住宅に引っ越すのは気がひけます。

 

☆会社が倒産・・・自宅だけは手放したくないが・・・

建築業を営み、当初借金はありませんでした。しかし、ご主人の事業資金を借り入れる際に担保としてご自宅を提供しました。間もなく金融不況のあおりを受け、資金調達の甲斐なく会社は倒産。自宅を手放すしか方法は無いのでしょうか。

 

☆退職金が半減・・・住宅ローンがはらえず・・・

製造メーカー会社に30年間勤務し60歳で定年退職しました。月々の給料はさほど良くありませんでしたが、退職金を多く支給することが慣行となっていましたので、退職金で住宅ローンはほぼ完済できる予定でした。しかし、会社の業績悪化で退職金は半減。退職時には2,000万円もの住宅ローンが残ってしまいました。退職後、貯金で住宅ローンの返済を続けていましたが、年金の支給が開始される65歳には住宅ローンと生活費で貯金が底をついてしまいました。

 

☆息子ならローンの返済ができるが・・・

38歳の時に4,800万円の住宅ローンを組んで一戸建を購入しました。当時勤めていた会社は業績が急拡大しており、年収も年々上昇していたため、多少背伸びをしたローンだったそうです。しかし、50歳になった時に会社は倒産。その後は再就職してもなかなか上手くいかず、アルバイトや派遣の仕事をしながら何とか住宅ローンの返済をしていました。しかし、ついに住宅ローンを滞納。督促状が届きました。このまま競売になってしまうのでしょうか。

 

☆妻の医療費の負担が・・・

定年を迎えて今は嘱託で勤務しています。妻の医療費の負担もあって、住宅ローンの支払いがしんどくなってきました。住宅ローンの支払いもあと2年程で終わるので、妻のためにも何とか住み続けたい。なんとかならないものでしょうか。

 

☆子供の学校区なので・・・

弁護士に破産の相談をしています。家の処分をするように言われましたが、子供の学校区のこともあるので、できるだけ住み続けたい。ネットで「リースバック」というのを知って連絡しましたが、破産予定の私も可能でしょうか。

 

☆リスケジュール中ですが・・・

今、リスケジュールをしていて月々6万円の支払いはできていますが、来年通常の支払いで10万円強の支払いに戻ります。支払えないのは目に見えています。子供のことを考えるとこのまま住み続けることを希望しています。「リースバック」についてお話を聞きたいです。

 

☆主人に内緒で、姉に買ってもらうことは可能?・・・

単独名義人のご主人に内緒での連絡。滞納はしていないが、住宅ローンの支払いがしんどいので、姉に任意売却で家を安く買ってもらって、賃貸で住みたいと思っているので相談に乗って下さい。

 

☆滞納してしまいました・・・娘に・・・

3年前に別居したご主人が住宅ローンを支払っていますが、ここ数ヶ月遅れがちで、先月は滞納してしまいました。娘が購入しても良いと言っていますが可能でしょうか。ご主人も売却について同意しています。

 

 

 

PREV 任意売却とは NEXT

  

リースバック◀◀

任意売却で行う親子間売買

▶▶離婚と住宅ローン

 

 

 
 
 
住宅ローンが払えない!
 
住宅ローン滞納・延滞解決!
競売回避! 差押解除!
 
無料相談承ります!
最善の解決方法をご提案!
 
0120-978-777
 
【電話】年中無休 9:00~22:00
【メール】年中無休  24時間受付
 
 任意売却はお任せください!
 
東京・神奈川・千葉・埼玉
 
 
ご相談者様に寄り添った任意売却
 
創業27年の信頼と実績
 
株式会社テスコーポレーション
 
 

無料相談 お問い合わせフォーム

下記の項目よりお気軽にお問い合わせください。
お名前 
メールアドレス 
電話番号
お問合せ内容