住宅ローンが払えない!任意売却無料相談!最善の解決方法をご提案いたします!

株式会社テスコーポレーション

不動産リースバック

不動産リースバックとは?

リースバック

リースバックとは不動産(戸建、マンション)を売却した相手と賃貸借契約を結び、売却後も家に住み続けることができる契約です。

不動産リースバック 自社買取のご案内

ご希望の売却価格、お家賃をご相談ください。

弊社にて買取させていただきリースバック致します。

※リースバック 図解説明 自社買取の場合

不動産リースバック マッチングシステム

自社買取できない場合でも、不動産投資家、不動産会社等、顧客システムに登録いただいております。

家賃、エリア、賃貸借条件等、不動産投資家によって様々です。

ご相談者様の条件に一番合う不動産投資家をマッチングします。

私どもの想いは「ご相談者様に寄り添った任意売却」です。

※リースバック 不動産投資家 マッチング 図解説明

不動産リースバック お手続きの流れ

リースバックの流れ

1.ご相談及びご面談

問い合わせフォームまたはフリーダイヤルよりお問い合わせください。

ご都合の良い日時、場所をご指定下さい。

簡単なご質問でも結構です。

ご面談時、ご希望、ご要望伺います。

任意売却(オーバーローン)の場合は、債権者との交渉を代理いたします。

2.不動産査定

役所調査等、不動産の価格を査定させていただきます。

3.条件等のご商談

買取価格と賃料等のご条件をご提示します。

弊社との条件が折り合わない場合は、ご条件に見合う投資家様をご紹介します。

4.契約

ご商談(任意売却の場合は債権者の同意)が整いましたら

不動産売買契約になります。

5.決済

買取金額をお支払いいたします。
任意売却の場合は、債権者に同意価格を返済します。

6.賃貸借契約

決済(不動産売却)が完了した時点で、賃貸借契約の締結になります。

7.家賃のお支払

賃貸借契約に基づき、家賃を支払いください。

リースバック契約は、
売買金額で合意した購入者との話し合いで、
確実に今の家にそのまま住み続けることができます。

不動産リースバック メリットとデメリット

リースバックのメリット

【メリット 1】引っ越しをしなくてよい

リースバックは、売却した不動産をそのまま賃貸で使い続けることができます。

【メリット2】物件管理の手間や費用が不要

固定資産税や都市計画税の支払いが必要なくなります。

【メリット3】将来買い戻すことができる

将来的に買戻すというご相談も了承して頂ける可能性があります。

リースバックのデメリット

【デメリット1】家賃の支払いが必要

毎月決められた額の家賃を支払う必要があります。

【デメリット2】期限が決められる

一般的な不動産の賃貸契約では、普通賃貸借で2年更新の場合が一般的です。
購入者によっては2年程度の定期借家契約となります。

【デメリット3】買い戻せない場合は手放す

定期借家契約の場合、契約期間後に不動産を買い戻せないときは、手放すことになります。

不動産リースバック 活用例

「リースバック」は売却後も確実に住み続けられます。
ご自宅(戸建、マンション)の売却資金の使用用途は自由です。

◎住宅ローンの返済や、その他の借金の返済
◎子どもの教育費
◎病気にかかる治療費
◎年金だけでは不足しがちな老後の生活費
◎一時的な事業資金…等

資金の確保のためにご自宅等の不動産資産を売却したい一方、愛着ある住み慣れたお住いに住み続けたままご自宅等の売却により一括で纏まった資金を得られる便利な仕組みです。

戸建住宅のみならず、マンション区分や、賃貸アパート、賃貸マンション、テナントビルにおいても活用していただけます。
借地でも検討させていただけます。個人、法人は問いません。

「リースバック」の理由は何でも問題ございません。


▲住宅ローンの支払いが難しくなりつつある

▲ご病気のご家族の治療費が必要

▲離婚して不動産は売却するが引越しはしたくない

▲お子様等のご都合で転居したくない

▲お金は必要だが愛着があるから

▲老後の生活資金等を確保しておきたい

▲ペットのご都合で転居が難しい

▲相続対策として

▲リバースモーゲージの利用が難しい

▲事業資金にまとまったお金が必要

「リースバック」の条件として

◎不動産の担保価値があること

◎不動産に大きな欠陥がないこと

◎家賃等の賃貸借契約に応じていただけること

◎家賃保証会社の利用ができること

等がございます。

任意売却後のリースバックは可能か

「任意売却」の上「リースバック」は可能です。


「住宅ローンが払えない!」

「住宅ローンを滞納している」

「差押がついている」

「期限の利益を喪失している」

「代位弁済された」

「競売になっている」

となっている場合でも、上記の「リースバック」の条件が合えば「リースバック」可能です。

「任意売却」の上、「リースバック」致します。

※債権者が同意しない場合もございます。

破産を前提にされている方でも、一定のご収入があれば「リースバック」可能です。
「任意売却」「破産」、それでも「ご自宅に住み続ける」ことが可能です。

私どもの想いは

「ご相談者様に寄り添った任意売却」です。

是非一度、ご相談ください。

リースバックの任意売却解決事例ご紹介

リースバックの任意売却解決事例をご紹介します。

リースバックの解決事例をご紹介いたします。弊社でリースバックさせていただいたものと、投資家様にリースバック購入していただいたものがございます。

リースバック解決事例①

☆年金だけでは・・愛着がある家に・・・
65歳を過ぎましたが、住宅ローンが残ってしまって年金だけではローンは払えても生活のほうがギリギリになってしまいます。妻と子供たちに相談したところ、売却して賃貸か田舎の不動産を買い換えるように勧められました。でも、今まで住み慣れた家ですし愛着がありますので、ここに住んでいたいというのが本音です。いかがでしょうか。

リースバック解決事例②

☆急遽、事業資金が必要で・・・
個人事業を営んでおります。住宅ローンは問題なく払っているのですが、事業資金でお金が必要になりました。娘の挙式費用に蓄えを使ってしまい、事業資金に回せるお金がありません。将来の年金のこともございますし、相談にのっていただけますか?

リースバック解決事例③

☆家族同然の猫・・・引越し先が見つからなくて・・・
マンションで猫を3匹飼っております。その家族同然の猫が重い病気になり治療費が嵩みました。貯金を使い果たしましたのでまとまったお金が必要です。普通に売却することも考えたのですが、猫を3匹飼える引越し先が見つからなかったので、相談にのってください。

リースバック解決事例④

☆子供は引越ししたくない・・・でも、私のパート代では・・・
主人が病気になり私のパートのお給料で生活しています。住宅ローンを払うのがきつくて、何回か滞納しましたが、何とか追いつきはらっています。子供の学校の件もありますのでこのまま引越しせずに住み続けることは可能でしょうか。

リースバック解決事例⑤

☆倒産して、破産も考えたが・・・
会社を経営しております。会社経営自体は問題なかったのですが、取引業者が倒産し、煽り倒産の危機に陥っております。住宅ローンも残っていますし、事業資金の借り入れもございます。倒産させて破産も考えましたが、社員に迷惑はかけられないので、一度相談にのってください。

リースバックの解決事例⑥

☆子供3人の教育ローンが嵩んで・・・
妻と共働きでそれなりに収入はあったのですが、子供たち3人が大学へ進学し、3人それぞれに教育ローンを組みました。一番下の子が留年の末、今年卒業はしたものの、教育ローンの支払いが嵩んできてしまって、住宅ローンと合わせて非常に厳しい状態になってきました。

リースバックの解決事例⑦

☆体を壊してしまって、手術代にまとまった資金が必要で・・・
60歳の時、退職金を住宅ローンの返済に充て、残りあと僅かのところで、体を壊してしまいました。入院費や治療費、薬代に貯金もなくなり、次回の手術費にまとまったお金が必要です。

リースバックの解決事例⑧

☆銀行やノンバンクで断られ、事業資金がどうしても必要で・・・
輸入雑貨、ブティックサロンを経営しています。1階が店舗で、2階が事務所、倉庫、3階が住居です。業績が悪くなってきて、銀行やノンバンクで借り入れを断られました。海外への受注と仕入れに行きたいので事業資金を捻出したいのですが、リースバック可能でしょうか。3年後の買戻しを考えています。

リースバックの解決事例⑨

☆リバースモーゲージも不動産担保を断られて・・・
3年前、会社員をしていました。妻がくも膜下出血を患いまして、看病と、仕事と、当初、両立していたのですが、私もうつ病になり、仕事を退職しました。2年間は貯金で生活費と、住宅ローンを賄っていたのですが、介護のお金などで彫金がつきました。

競売になり、もう後がなくなりました。もっと早めに相談すればよかったのですが、私自身の体調も芳しくなく、日にちが過ぎてしまいました。

引越しは避けたいので、リバースモーゲージや不動産担保ローンを申し込みましたが、私が無職という理由で断られました。何か対策は策はありますか。

リースバックの解決事例⑩

☆競売で落札されてしまいました。どうしてもこのまま住み続けたい・・・ 
自営がうまくいかず競売で落札されてしまいました。子供の学校のこともあり、引越ししたくないのでこのまま住む方法はないでしょうか。

リースバックとリバースモーゲージの比較

リバースモーゲージとは

リバースモーゲージとは、ご自宅を担保にして、そこに住み続けながら金融機関から融資を受けられ、亡くなった後にご自宅を売却して、その代金を融資の一括返済に充てる主にシニア層向けの融資制度です。

通常の住宅ローンは最初に借りて、借り入れた額を毎月返済するのに対し、リバースモーゲージは毎月借りて、最後(死後)にまとめて返済するのが特徴です。

リースバックとリバースモーゲージ、不動産担保ローンの違いとメリット、デメリットを紹介します。

住宅ローンが払えない!住宅ローン滞納・延滞解決! 競売回避! 差押解除!

無料相談承ります!最善の解決方法をご提案!

0120-978-777【電話】年中無休 9:00~22:00 / 【メール】年中無休 24時間受付

任意売却はお任せください!

東京・神奈川・千葉・埼玉

ご相談者様に寄り添った任意売却

創業27年の信頼と実績

株式会社テスコーポレーション

無料相談 お問い合わせフォーム

下記の項目よりお気軽にお問い合わせください。

お名前
メールアドレス
電話番号 - -
お問合わせ内容

お問い合わせ