任意売却後の残債務

任意売却後の残債務

任意売却後の残債務はどうなるの?

任意売却後の残債務

 
任意売却をしても残債がゼロとなるわけではありません。
 
残債は任意売却を行ったその後も、返済していかなければいけません。
 
残債務の支払いは、債権者と話し合って返済額を取り決めしますが、比較的債務者の希望額が了承されるケースが多く、任意売却の処理過程で提出する、月々の収支を記載する「生活状況表」をもとに、毎月の残債返済額を決定します。
 
任意売却後の残債は、一般的に月額5,000円~30,000円程度の返済となっています。
 
また、住宅金融支援機構等公的金融機関以外の債権者は、残債務を請求する権利を債権回収会社へ転売し債権譲渡する場合があります。
 
債権譲渡された債権回収会社と話し合えば少ない金額で返済が完了する場合があります。
 

任意売却後の残債務 住宅金融支援機構

 

住宅金融支援機構の場合の残債務

 

住宅金融支援機構の場合は、決済(引渡し)前に生活状況確認票が郵送されてきます。
その生活状況確認票を記入し事前郵送して、残債務の分割支払いの取決めを決済日に行います。
 
生活状況確認票は
勤務先、家族状況、世帯収入、今後の返済方法等の記入欄があります。
 
※生活状況確認票 参考
生活状況報告書
 
通常は、月々30,000円前後の支払いを求めてきますが、あくまでもお支払できる範囲ですので、月々5,000円、月々10,000円の支払い約定で決まることもございます。
 

 

任意売却前と任意売却後の収支変化

 

任意売却前の収支
住宅ローン残債 月々の収支
住宅金融支援機構 18,000,000円 収入 350,000円
地方銀行 3,000,000円
月々の返済 140,000円
合計 21,000,000円 ボーナス返済 300,000円

 

住宅ローンの返済が困難に・・・

 

 

任意売却後の収支(諸経費含まず)
住宅ローン残債 月々の収支
売却価格 17,000,000円 収入 350,000円
住宅金融支援機構(1,670万円返済) 1,300,000円 家賃 70,000円
地方銀行(30万円返済) 2,700,000円 住宅金融支援機構の返済 10,000円
地方銀行の返済 10,000円
合計 4,000,000円

 

残債務の利息・損害金

 

残債務に対して、損害金は約定の利率が付加されていきます。
 
月々の返済は元金に充当されます。
 
額面上は損害金は付加されていきますが、元金が返済された時点で損害金は免除されます。
 
早い話が、元金だけ払えば損害金は払わなくてよいことになります。
 
住宅金融支援機構の場合は、任意売却に関する申出書を提出し、任意売却を開始するわけですが、その任意売却に関する申出書において、あらかじめ損害金免除のお願いしておくことになっています。
 
※住宅金融支援機構 任意売却に関する申出書 抜粋

私(債務者又は連帯保証人)は、独立行政法人住宅金融支援機構※(以下「機構」といいます。)に対する残債務の支払いが困難になったので、当該債務に関わる担保不動産を売却することとし、売却代金を機構への支払いに充てることを申し出ます。したがって、全額繰り上げ返済償還請求をまだ機構が行っていない場合には、期限の利益を放棄※します。
 売却代金によって残債務を完済できないことも考えられますが、破産申立てを行わない場合には、残債務について可能な範囲で弁済することを機構と協議させていただきます。
 なお、任意売却に当たっては、機構の任意売却パンフレットに定められた内容を理解し、住宅を出来るだけよい状態にして広く買い手を探すよう心掛け、少しでも高値で売却するよう努力いたしますので、残債務を完済できない場合には、延滞損害金を減額又は免除していただくようあらかじめお願いします。
 私(担保提供者)も、担保提供した売却に同意します。
 併せて、私達は下記事項についても同意します。

任意売却後の残債務 住宅金融支援機構以外

 

住宅金融支援機構以外の場合の残債務

 

住宅金融支援機構以外の債権者の場合は、住宅金融支援機構のような生活状況確認票の提出がある場合とない場合、債権者によってそれぞれになります。
 
参考に生活状況申出書を添付しました。
 
基本は
勤務先、連絡先、家族状況、世帯収入、支出の状況を申し出し
月々の返済を決定します。
 
 
 
生活状況申出書

債権譲渡

 

住宅金融支援機構以外の債権者の場合、債権が譲渡されることが多々あります。
 
法務省が、債権回収会社(サービサー)制度-債権管理回収業に関する特別措置法-に基づき認可した債権回収会社が、任意売却後の無担保債権を購入し新たな債権者になります。
 
住宅ローンの債権は、法務省が認可したサービサーしか購入できませんので、街中の金融会社が購入に債権者になることはございません。
 
サービサーとは
 
その際、サービサーは、金融機関からまとめて債権を購入します。
これを「バルク買い」と言います。
 
金額にして数百億円になることもありますが、無担保債権で債権額面通りに完済する保証はないので、「バルク買い」の相場は債権額の5%~10%と言われています。
 
サービサー等の債権回収会社の業界用語で「ポンカス債権」とも呼ばれています。
 
債権が新たにサービサーに譲渡されたとき、そのサービサーと債務支払いで割安の和解案がまとまれば、残債務が想像を超える低い金額で、完済することになります。
 
サービサーにしても、例えば、500万円の債権を25万円で買った後、50万円で一括返済してもらえればサービサーにとっても何も問題はないわけです。
 

任意売却後の残債務 まとめ

 
任意売却後の残債務については
 
支払い義務は残りますが、分割払いも可能ですし、損害金は免除されます。
 
住宅金融支援機構以外の場合は債権譲渡の上、割安に完済できる可能性もございます。
 
競売になった後の残債務は、分割返済もございませんし、損害金も免除されません。
 
その点でも、「任意売却」をお勧めします。
 
任意売却後の残債務、生活状況確認票の書き方等、ご質問がございましたらアドヴァイスさせていただきます。
 
何なりとお問い合わせください。

 

 

PREV 任意売却とは NEXT

  

任意売却の価格配分◀◀

任意売却後の残債務

▶▶任意売却と自己破産について

 

 
 
 
住宅ローンが払えない!
 
住宅ローン滞納・延滞解決!
競売回避! 差押解除!
 
無料相談承ります!
最善の解決方法をご提案!
 
0120-978-777
 
【電話】年中無休 9:00~22:00
【メール】年中無休  24時間受付
 
 任意売却はお任せください!
 
東京・神奈川・千葉・埼玉
 
 
ご相談者様に寄り添った任意売却
 
創業27年の信頼と実績
 
株式会社テスコーポレーション
 
 

無料相談 お問い合わせフォーム

下記の項目よりお気軽にお問い合わせください。
お名前 
メールアドレス 
電話番号
お問合せ内容