住宅ローンが払えない!任意売却無料相談!最善の解決方法をご提案いたします!

株式会社テスコーポレーション

千葉県 任意売却解決事例

千葉県にお住まいのご依頼者の方で任意売却で解決された事例をご紹介します。

千葉県の任意売却解決事例①

「離婚してから自暴自棄になり借金を重ねてしまい住宅ローンを滞納してしまって・・・」
中島様(仮名)

地   域
関東
都 道 府 県
千葉県
物 件 種 別
戸建
職   業
会社員
年   齢
37歳
残   債
1,600万円
売 却 額
1,000万円

ご相談内容

昨年離婚してしまい、自暴自棄になり借金を重ねてしまい住宅ローンを滞納してしまって、どのようにすればよいでしょう?破産のことも伺いたいし、弁護士費用のことも伺いたいし、何よりそちらの相談料はおいくらでしょうか?という内容でした。弊社への相談は何度でも無料であることをお伝えし、ご相談者様にとって一番良い方法を考え、ご提案させて頂きますのですぐにお会いしましょうということになりました。

解決方法

ご相談者様のお話を伺い、今後の生活に不安を抱いておられてましたので、破産の件や、弁護士費用のご説明をし、ご希望に沿えるよう、お住まいからほど近い弊社提携の相談料が無料の弁護士事務所にご一緒して多重債務の件を弁護士を交え考え、弁護士の受任通知を各債務者に発送し、度重なる債権者からの取り立てを弁護士に引き受けてもらいました。相談者様は、一から生活を立て直したいとの考えで、すべてを弊社と提携の弁護士に依頼をされ、不動産の売却と、破産申請の委任を提携の弁護士に任されました。

解決結果

債権者含め、各方面の協力を得て任意売却で販売活動を開始しました。地元の業者にも声をかけさせていただき、早期に売却が決まりました。債権者に交渉し、引越し代の控除も得られ、新しい生活に踏み出されました。気にされていた弁護士費用も、法テラス(国が設立した法人の弁護士費用立替システム)を使用され、無理のない分割払いが可能になりました。現在は、住宅ローンの残債務を含め他の債務も、弁護士介入の元、破産の免責を受けられ、お仕事に邁進されています。

千葉県の任意売却解決事例②

「妻と性格の不一致から離婚し、お互い家を出たため僅か2年で空家になってしまった・・・」
井川様(仮名)

地     域
関東
都 道 府 県
千葉県
物 件 種 別
戸建
職     業
会社員
年     齢
26歳
残     債
2,800万円
売 却 額
2,600万円

ご相談内容

ご相談者様はご結婚とほぼ同時に千葉県の郊外に新築一軒家を購入されました。幸せな生活もつかの間、奥様と性格の不一致から離婚され、お互い家を出られたためわずか2年で空家になってしまったとの事。競売の申立ての決定の後ですが、任意売却は可能でしょうか?新しい家族もいますのでは破産はしたくないのですが、大丈夫でしょうか?との事でした。

解決方法

先ず、任意売却は競売の申立てから競売開札まで同時並行でも活動できる旨をご説明し、弊社が様々な債権者との交渉を数多く経ていることをご理解いただき、債権者との交渉に入りました。

解決結果

販売活動の方は、最寄の駅からバス便という郊外からか、なかなか成約にたどり着けませんでした。ですが、販売開始して2月が経ったころ、隣町にお住まいのご夫婦に気に入っていただき、お話がまとまりました。債務の残代金も債権者の信頼からか余裕ある分割返済でまとまりました。今では、離婚の調停も終盤を迎え、相談者様は新しいパートナーと愛らしい赤ちゃんと新しい生活を送っておられます。

千葉県の任意売却解決事例③

「十数年前に離婚して新しい家庭を築いているのに突然、督促状が届いて驚きました。このことは今の家族には知られたくない。」
今泉様(仮名)

地   域
関東
都 道 府 県 千葉県
建 物 種 別 マンション
職   業 主婦
年   齢 47歳
残   債 2,000万円
売 却 額 1,900万円

ご相談内容

十数年程前に離婚してほどなく再婚して新しい生活をしている元奥様より、元ご主人が住宅ローンを滞納して金融機関から連帯保証人である元奥様のところに督促状がきているので、元ご主人に払い続けさせるか、任意売却をさせるようにして欲しいとのご相談。今のご主人にこのことを話さない、元ご主人には今の苗字や住所を絶対に言わないという条件で、元奥様と面談することができました。

解決方法

元奥様と駅前の喫茶店で面談を1回だけし、以降はメールでのやり取りで進捗報告をしました。今後も金融機関からの書類は元奥様宛てに、何通か届くことを説明するが、そこは大丈夫とのことでした。元ご主人の現在の生活状況はわからず、電話番号もわからないとのことでしたので、教えて頂いた住所に事情を説明した手紙を送らせて頂きました。お手紙を出しても反応がないため、いらっしゃるであろう日時に何度かマンションにお伺いしましたが、接触できませんでした。最初のアプローチから2ヶ月位して元ご主人から連絡がありました。期限の利益の喪失通知が届いたので、相談したいとのことでした。元ご主人と面談し、生活状況はしんどいがどうした良いかわからなかったので、放置していたとのことでした。任意売却についての説明と事前に物件の査定をしたところ、残債と近い金額で売却できそうであることを説明すると、それで進めて欲しいとのことでしたので、元奥様に報告し、着手しました。

解決結果

債権者は取り扱いの多い住宅支援機構だったため、決まった手続きを踏まえて進めていきました。最寄駅からほど近いマンションで室内状況はあまりよくありませんでしたが、立地条件と上層階で眺望もよかったため、販売開始後すぐのお客様で決まりました。残債の額と販売価格が近かったので、残債は100万円程度で済み、元ご主人も今後の生活の見通しがついたので、安心された様子でした。元奥様も決済まで今のご家族に知られることなく済み、元ご主人にも今の生活のことは知られずに済んだので、安心されたご様子でした。

千葉県の任意売却解決事例④

「定年までに完済予定でしたが、娘2人の結婚費用で資金を使い、ローンが75歳まで残ったまま。病気になり、病院代も必要で、年金だけではローンの返済が苦しい」
関根様(仮名)

地   域
関東
都 道 府 県 千葉県
建 物 種 別 マンション
職   業 無職
年   齢 66歳
残   債 1,600万円
売 却 額 1,200万円

ご相談内容

平成10年に思い切って購入しました。購入当時娘が2人いました。自動車会社に勤務し、定年までに完済予定でしたが、娘2人の結婚費用等に資金を使い、ローンが75歳まで残った状態のままです。病気になり、病院費用等も必要で、年金だけではローンの支払いが苦しいです。今後も嫁に行った娘たちには迷惑はかけられないので、どうしたらよいでしょう。

解決方法

相談者様の現在の状況を総合的に判断して、任意売却のメリットやデメリットを説明して理解いただき、任意売却活動に着手しました。残った債務についても弊社提携の弁護士をご紹介し、破産手続きの相談に同行しました。転居先についても県営住宅へのお引越しを提案しました。

解決結果

任意売却を進めて頂いたことで、債権者との交渉の末、売却代金から引越費用も控除してもらい、県営住宅にお引越しいただくことが出来ました。残った債務についても、破産手続きが終了し、免責になられました。現在は、年金の収入で、月々の家賃と通院費をお支払いされ、娘様たちに迷惑をかけることなく、生活の再スタートをされています。

千葉県の任意売却解決事例⑤

「経営者が変わってから給料が激減し、支払いがきつくなりました。妻と同居している母が連帯保証人になっていることが気がかりです」
酒井様(仮名)

地   域
関東
都 道 府 県 千葉県
建 物 種 別 戸建
職   業 会社員
年   齢 49歳
残   債 1,400万円
売 却 額 1,600万円

ご相談内容

3ヶ月前に会社の経営者が変わってから収入が激減しました。銀行からはリスケジュールの提案をされましたが、悩んでます。税金は1~2年滞納しています。妻と同居している母親が連帯保証人になっているのも気になっています。一度相談に乗ってください。家のことは半ば諦めていて、公営住宅に引っ越そうと思っています。

解決方法

ご面談し、税金の滞納分について役所と話をしていないとのことでしたので、差押えがつかないようにまずは役所に行って、少ない金額での分納をお願いするようにご提案しました。リスケジュールは一定期間は利息だけの支払いですが、リスケジュールの期間が終われば、以前より高い支払いになるので、収入が上がる見込みがあればお勧めすると説明。連帯保証人ですが、財産を持っておらず、同居しているのであれば、別に取り立てが来るわけではないので、例え残債が残ってもご主人が支払うことになると説明。滞納はまだしておらず、相場の価格と残債の額が近かったため、諸費用分プラスαの価格で販売開始しました。

解決結果

物件は利便性が劣る立地でしたが、100坪を超える敷地だったためか2ヶ月程で通常の売却ができました。諸費用分はなんとか売却代金から用意でき、引越費用もなんとかご親族の方から用立て無事に新しい生活をスタートすることができました。

千葉県の任意売却解決事例⑥

「足を悪くして仕事を辞め、仕事を探してますが見つからず、貯蓄も底をつき、期限の利益の喪失通知が届きました」
陣内様(仮名)

地   域
関東
都 道 府 県
千葉県
建 物 種 別
戸建
職   業
無職
年   齢
53歳
残   債
800万円
売 却 額
500万円

ご相談内容

相続した実家を建て直し、住宅ローンを組み一人で住んでいます。足を悪くして仕事に支障をきたすため、前の職場を辞めて1年程になりますが、自分に合った仕事が見つからず、貯金も底がつきました。住宅ローンも滞納しており、期限の利益の喪失通知が届きました。これからどうなるのでしょうか。

解決方法

ご面談をしたところ、生活状況は完全に破綻していました。先月、倒れたので病院に行ったら、栄養失調と言われたそうですが、お金が無いので特に何もしていないとのことでした。生活保護の事は考えたことがなかったし、やり方もわからないとのことでした。面談に伺った時は体力が落ちやすい真夏だったので、面談が終わり次第、その足で一緒に市役所の福祉課に生活保護の申請の相談に行きました。担当の方からは不動産をお持ちなので、ということで押し問答が続きましたが、弁護士からの届けがあれば対応するとのことでした。すぐに弁護士を紹介し、法テラスの申請をしました。福祉課に相談して2週間程かかりましたが、生活保護を受給することができました。

解決結果

まずは生活保護受給による生活改善を一番に動きました。並行して任意売却の手続きを進めていきました。物件は最寄駅から20分程の高台にあり、バスも無く、駅を通る電車は1時間に2本程度の地域のため、近隣住宅へのポスティング、地元業者への販売協力依頼に注力し、ポスティングで興味を持ってもらった近隣の方に購入してもらいました。決済の時には仕事はまだ見つかってませんでしたが、食生活も安定したためか、ずいぶんとお元気になられたご様子でした。

千葉県の任意売却解決事例⑦

「年金で払っていくつもりが、返済計画が思うように進まず・・・銀行から競売予告が・・・」
内田様(仮名)

地   域
関東
都 道 府 県
千葉県
建 物 種 別
戸建
職   業
無職
年   齢
73歳
残   債
1,700万円
売 却 額
1,200万円

ご相談内容

会社員の時に戸建を購入し定年を迎えました。年金で住宅ローンを支払っていくつもりでしたが、他の債務もあり住宅ローンを滞納してしまいました。債権者から連絡があり、競売にしますとのことですが、どのようにしたらよいでしょうか。年も年ですので今から賃貸住宅に引っ越すのは気がひけます。

解決方法

他の債務も多く残っていらっしゃったので、提携の弁護士を紹介し、弁護士事務所にて面談をしました。現在の状況を確認し、任意売却のメリット、デメリットを説明し、ご理解いただいた上で、リースバックの提案をしました。親族の方の状況を伺いどなたかお手伝いできるご親族はいないか確認したうえで任意売却に移行しました。

解決結果

債権者に任意売却の同意を得てリースバックの投資家に販売活動をしましたが、話が纏まりませんでした。同時に娘様たちにお会いし相談者様の物件を購入してもらえないかそれぞれお願いしてきました。幸いにも長女様が、運送会社に長くお勤めで住宅ローンも問題なく通りました。弁護士を通して破産も免責になり、お支払いは無くなりずいぶん楽になり、以前通り、お住まいになられています。

千葉県の任意売却解決事例⑧

「転職して収入が減り、ローンを滞納してしまいました・・・息子なら払っていけるのですが・・・」
松枝様(仮名)

地         域
関東
都 道 府 県
千葉県
建 物 種 別
戸建
職   業
アルバイト
年   齢
55歳
残   債
1,700万円
売 却 額
1,700万円

ご相談内容

38歳の時に4,800万円の住宅ローンを組んで一戸建を購入しました。当時勤めていた会社は業績が急拡大しており、年収も年々上昇していたため、多少背伸びをしたローンだったそうです。しかし、50歳になった時に会社は倒産。その後は再就職してもなかなか上手くいかず、アルバイトや派遣の仕事をしながら何とか住宅ローンの返済をしていました。しかし、ついに住宅ローンを滞納。督促状が届きました。このまま競売になってしまうのでしょうか。

解決方法

現在の借入状況やご希望、親族の方の状況を伺いどなたか力になってくれることができるご親族はいないか確認し、ご希望に添えるよう話し合いを続けました。任意売却のメリット、デメリットを説明し、任意売却に移行しました。

解決結果

息子様が住宅ローンを組むことができれば残債務と同額で親子間売買をすることができる状態でした。弊社提携の住宅ローンを扱っている金融機関を紹介し、住宅ローンの事前審査を申込しました。幸い、息子様は年収、信用調査ともに問題無く、残債務と同額の1,700万円の住宅ローンを組むことができました。

相談者様は、今までと同じようにご自宅で生活されています。慣れた自宅での生活はやはり快適なようです。住宅ローンは相談者様と息子様で半分ずつ返済しているそうです。

千葉県の任意売却解決事例⑨

「住宅ローンの支払いがしんどくて・・・姉に買ってもらって賃貸で・・・」
大森様(仮名)

地         域
関東
都 道 府 県
千葉県
建 物 種 別
戸建
職   業
会社員
年   齢
38歳
残   債
2,000万円
売 却 額
1,600万円

ご相談内容

単独名義人のご主人に内緒での連絡。滞納はしていないが、住宅ローンの支払いがしんどいので、姉に任意売却で家を安く買ってもらって、賃貸で住みたいと思っているので相談に乗って下さい。

解決方法

まずは、ご主人に相談することを提案。ご主人の了解が得られたとのことなので、お姉さまも含めてご夫婦と面談。収入面でお姉さまに購入には問題がなく、苗字も違うので、通常の銀行の住宅ローンが可能とわかりました。住宅ローンの支払いがしんどいとのことだったので、無理はせず住宅ローンの滞納が始まりました。3ヶ月経過したころに金融機関に任意売却の申出をし、任意売却として着手しました。

解決結果

問題となる要素がなかったため、当初のご希望どおり任意売却での親族間売買ができ、生活にゆとりができて喜んでいらっしゃいました。

千葉県の任意売却解決事例⑩

「別居中の主人が住宅ローンを滞納して・・・娘が購入すると言っていますが・・・」
東条様(仮名)

地         域
関東
都 道 府 県
千葉県
建 物 種 別
戸建
職   業
会社員
年   齢
37歳
残   債
1,600万円
売 却 額
1,700万円

ご相談内容

3年前に別居したご主人が住宅ローンを支払っていますが、ここ数ヶ月遅れがちで、先月は滞納してしまいました。娘が購入しても良いと言っていますが可能でしょうか。ご主人も売却について同意しています。

解決方法

娘さんに収入のわかる書類を用意して頂いたうえで、面談に同席してもらいました。独立されてお一人で暮らされてますが、苗字が同じなので、通常の銀行での住宅ローン取引は難しいことがわかりました。

解決結果

頭金を1,000万円近くご用意できるとのことだったので、金利が高く条件が厳しい親族間売買が対応可能な金融機関に申し込むことになりました。ローンも無事とおり、父娘間での取引ができました。取引後は娘さんが賃貸住宅を引き払い、お母様と一緒にお住まいになるとのことでした。

千葉県の任意売却解決事例⑪

「生活苦から借金を重ね、税金も払えず、住宅ローンを6回滞納してしまいました・・・」
山川様(仮名)

地   域
関東
都 道 府 県
千葉県
建 物 種 別
戸建
職   業
会社員
年   齢
45歳
残   債
1,800万円
売 却 額
1,200万円

ご相談内容

住宅金融支援機構から督促状が届き、競売の申し立てをします。という手紙が届きました。多重債務の生活苦から、借金を重ね、税金も払えなく、住宅ローンを6回滞納してしまいました。どうしたらよいか分からず、戦々恐々としていました。私たち家族は、家を追い出されるのでしょうか? 現在の借金苦から解放されることで家族で普通のつつましい生活を送りたいことと、できたらこの家にずっと住んでいたい、との事でした。

解決方法

税金の滞納によって、市役所から差押の登記がなされていた為、先ず、競売を回避するために、債権者にすぐに連絡を入れ、任意売却の申し出をしました。次に市役所の納税課に任意売却をする旨と差押登記の解除の交渉に行きました。債権者も任意売却の申し出を受け入れ、市役所も税金の差押の解除も内諾してもらいました。

次に、相談者様のご希望に沿えるよう、お住まいからほど近い提携の弁護士事務所にご一緒して多重債務の件を弁護士を交え考え、弁護士の受任通知を各債務者に発送し、度重なる債権者からの取り立てを弁護士に引き受けてもらいました。

解決結果

弊社が提携している投資家の方々に声をかけましたが、当初、相談者様がお支払できる家賃と債権者が提示する販売価格が、投資家の方々の利回り計算に相応せず、買い手の投資家を募れませんでした。2か月の販売活動ののち、都内在住の投資家の方から内覧の申し出を受け、お話をまとめる事が出来ました。

現在は、住宅ローンの残債務を含め他の債務も、弁護士介入の元、破産の免責を受けられ、ご家族と一緒に今まで通り住み続けられています。

千葉県の任意売却解決事例⑫

「お金に関することは全て妻任せで・・・ところが、住宅ローンは半年以上も支払ってなくて・・・」
井内様(仮名)

地         域
関東
都 道 府 県 千葉県
建 物 種 別 戸建
職   業 会社員
年   齢 29歳
残   債 3,400万円
売 却 額 3,000万円

ご相談内容

支払い関係は妻に任せっきりで、気が付けば住宅ローンを半年以上滞納しています。妻を問い詰めたら、他にも借金があるとのことでした。家の件が片付いたら、離婚しようと思ってます。銀行からの督促状も受け取っていないので、保管期間は過ぎていると思います。自宅まで誰か来て扉を叩いたり、ドアノブを回したりということが何回かあり怖いです。もう家を出て行きたいと思っており、相談に乗って欲しいです。

解決方法

まず、銀行に連絡して現状を確認してもらいました。現在、競売の手続きをしているとのことで、任意売却はしても良いが、任意売却の期間はもらえませんでした。競売の手続きと並行しての任意売却で販売開始しました。債権者とは販売価格についての協議は応じてもらえず、購入者がでてきたら、価格を見て判断するとのことでした。

解決結果

室内の状態が比較的良かったので、物件の査定を相場より若干高めで販売開始しました。値段交渉が入りましたが購入申し込みがあり、債権者とその価格で交渉したところ、応諾してもらえ、無事に決済まですることができました。奥様とは別居しているとのことでしたが、ご主人名義のカードで数十万円分の買物されていたらしく、決済の時点ではまだ離婚について協議中とのことでした。

千葉県の任意売却解決事例⑬

「住宅ローンは問題なく払っているのですが、事業資金でお金が必要になりました。娘の挙式費用に蓄えを使ってしまい、事業資金に回せるお金がありません。将来の年金のことも・・・」
下山様(仮名)

地         域
関東
都 道 府 県 千葉県
建 物 種 別 戸建
職   業 自営業
年   齢 62歳
残   債/売 却 額 1,200万円 2,400万円
家賃(賃貸契約) 12万円(普通賃貸借)

ご相談内容

個人事業を営んでおります。住宅ローンは問題なく払っているのですが、事業資金でお金が必要になりました。娘の挙式費用に蓄えを使ってしまい、事業資金に回せるお金がありません。将来の年金のこともございますし、相談にのお手いただけますか?

解決方法

他のリースバック業者に依頼したところ、敷金の要求と契約期間が2年限定と短かったそうです。不動産の担保評価もございましたので買取させていただき事業資金用にお手元にも残せました。普通賃貸借で2年おきの自動更新の契約になりました。

解決結果

引越しせずに済み、事業資金にお金を回すことができました。これまでと何も変わらない生活を営めています。何年かして、事業がうまく回れば買い戻してもいいですし、年金を考慮して賃貸に移ってもよいですし、いい選択だったと思います。

住宅ローンが払えない!住宅ローン滞納・延滞解決! 競売回避! 差押解除!

無料相談承ります!最善の解決方法をご提案!

0120-978-777【電話】年中無休 9:00~22:00 / 【メール】年中無休 24時間受付

任意売却はお任せください!

東京・神奈川・千葉・埼玉

ご相談者様に寄り添った任意売却

創業27年の信頼と実績

株式会社テスコーポレーション

無料相談 お問い合わせフォーム

下記の項目よりお気軽にお問い合わせください。

お名前
メールアドレス
電話番号 - -
お問合わせ内容


お問い合わせ