住宅ローンが払えない!任意売却無料相談!最善の解決方法をご提案いたします!

株式会社テスコーポレーション

住宅ローンが払えない任意売却ブログ

住宅ローンの払えなくなる人の割合

2020/03/02

住宅ローンを払えない人の割合は何パーセント?

住宅ローンを払えなくなってしまった人の割合を示す数値はございません。

各金融機関によって、住宅ローンにおける貸し出し金額から、リスク管理債権に該当する金額で、住宅ローンを払えなくなった割合が出てきますが、各金融機関によってまちまちです。
リスク管理債権とは、返済が滞った貸出金を指しますが、住宅金融支援機構の平成29年度における開示によれば、どのような数値になっているでしょうか?

平成29年度 住宅金融支援機構 リスク管理債権の割合

貸出金の元金残高が23兆3,259億円なのに対し、

破綻してしまった破綻先債権は、681億円、

延滞してしまった延滞債権は、2,518億円、

3ヵ月以上延滞してしまった延滞債権は、750億円で、

以上の小計が、3,949億円になり、

貸出金に対し、1.69%の破綻延滞債権になります。

その他、リスケジュールなどの貸出条件緩和債権は、5,248億円となっており、両方合わせたリスク管理債権は、9,198億円で、住宅ローンを払えなくなってしまった割合は、3.94%となっています。

因みに平成28年度における開示によれば、このようになっています。

平成28年度 住宅金融支援機構 リスク管理債権の割合

貸出金の元金残高が23兆3,999億円なのに対し、

破綻してしまった破綻先債権は、715億円、

延滞してしまった延滞債権は、2,866億円、

3ヵ月以上延滞してしまった延滞債権は、833億円で、

以上の小計が、4,4149億円になり、

貸出金に対し、1.89%の破綻延滞債権になります。

その他、リスケジュールなどの貸出条件緩和債権は、6,169億円となっており、両方合わせたリスク管理債権は、1兆583億円で、

住宅ローンを払えなくなってしまった割合は、4.52%となっています。

住宅ローンを借りている方のうち、100人に4人は住宅ローンが払えなくなっているということになります。

貸出条件緩和債権の中には、リスケが終了し、通常債権に復帰するものもあるものと思われます。

誰しも、病気や事故で突然働けなくなったり、会社の業績不振で、収入減や、リストラの憂き目にあうかわかりません。

やむを得ず住宅ローンを払えなくなった場合でも、最善の解決方法をご提案いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事のトラックバック用URL

住宅ローンが払えない!住宅ローン滞納・延滞解決! 競売回避! 差押解除!

無料相談承ります!最善の解決方法をご提案!

0120-978-777【電話】年中無休 9:00~22:00 / 【メール】年中無休 24時間受付

任意売却はお任せください!

東京・神奈川・千葉・埼玉

ご相談者様に寄り添った任意売却

創業27年の信頼と実績

株式会社テスコーポレーション

無料相談 お問い合わせフォーム

下記の項目よりお気軽にお問い合わせください。

お名前
メールアドレス
電話番号 - -
お問合わせ内容


お問い合わせ